平塚版 掲載号:2022年4月7日号 エリアトップへ

平塚工科高卒 山田さん 溶接コン県Ⅴ 「機械部」が彩った高校生活

文化

掲載号:2022年4月7日号

  • LINE
  • hatena
受賞した山田さん(左)と顧問の水野教諭
受賞した山田さん(左)と顧問の水野教諭

 平塚工科高校の機械部に所属し、今年3月に卒業した山田珠璃葵(じゅりあ)さん(18)が、2月に開催された第13回神奈川県高校生溶接コンクールで優勝した。

 同大会は、30分以内で2枚の鉄板を溶接し、見栄えや正確性でその技術が審査される。初出場で優勝した山田さんは「まさかの1位を取れてびっくり。大会の後に先生から連絡があり、喜んでもらえてうれしかった」と話した。

師弟の絆が導いた優勝

 機械部顧問の水野寧々教諭(25)は3年前に就任。それまで機械部は、熱空気で動くエンジンを研究していたが、活動を水野教諭の専門分野である「溶接」にシフト。溶接コンクール出場を目標に技術を学ぶようになった。「山田さんは私が就任してからの部員第一号なんです」と水野教諭。水野教諭の就任当初、学校にはコンクールで使用する溶接機がなかったが、山田さんが唯一の3年生で同性だったこともあり、「協力して部活を作りあげた場面も多かった」と水野教諭は話す。

 山田さんは1年時の副担任であった水野教諭の勧誘を受け、機械部に入部。入部から溶接を学び始め、「溶接はまず慣れることが難しい」と振り返る。2枚の板をまっすぐ溶接できるようになるのに1年かかったという。また、コロナや就職活動で練習できない中でも、アドバイスや実践記録を毎回残し、間隔が空いても実力を発揮できるよう二人三脚でコンクールに向けて努力した。

 4月から社会人の山田さん。「溶接は難しいけれど、綺麗にできたときは本当にうれしい。高校3年間を楽しく過ごせたのは部活のおかげです」

溶接中の様子(水野教諭提供)
溶接中の様子(水野教諭提供)

平塚版のローカルニュース最新6

次世代にまちづくりのバトンを

エールのバトン vol.5

次世代にまちづくりのバトンを 経済

第64代理事長 花田慎介さん

8月11日号

地域とつくる新店舗

平塚信金須賀支店

地域とつくる新店舗 経済

園児ら壁画アートに挑戦

8月11日号

女性の創業などを支援

女性の創業などを支援 社会

平塚市らがセミナー

8月11日号

公演チケットプレゼント

よしもとお笑いライブ

公演チケットプレゼント 文化

9月7日 ひらしんホール

8月11日号

柔道県大会で7人入賞

柔道県大会で7人入賞 スポーツ

平塚柔道協会が県内最多

8月11日号

ナス新品種「かな紫」育成

農業技術センター

ナス新品種「かな紫」育成 社会

とげがなく果形が安定

8月11日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook