ラグビーワールドカップ壮行試合で日本代表に初選出された渡邉 隆之さん東海大学 3年

掲載号:2015年9月25日号

  • googleplus
  • LINE

「世界で通用するプロップに」

 ○…日本代表としての初舞台はイングランドで10月31日まで開催されている「ラグビーワールドカップ2015」の壮行試合、ウルグアイ戦だった。6月の代表合宿に練習生として初召集。途中出場だったが、念願の日本代表のユニホームを着てグラウンドに立った。惜しくもイングランド遠征のメンバーには入らなかったが、選手のケガや調子によってはまだ可能性がある。ポジションはプロップ。鍛え上げた筋肉の鎧をまとい、スクラムの最前列で敵を押し込むフォワードの要だ。

 ○…北海道小樽市出身。小学校5年生からラグビーを始め、札幌山の手高校時代は3年連続花園に出場した。「高校の先輩で、東海大卒業生のマイケル・リーチさんへの憧れと、ラグビー環境の良さに惹かれた」と、東海大へ進学を決めた。現在は寮に入りチームメートと共に大半を過ごす。練習後の自由時間も「親が録画して送ってくれるラグビーの試合を見る」と、朝から晩までラグビー漬けの日々。「ラグビーが大好きなんだと思います」と、充実感たっぷりの笑顔をこぼす。

 ○…機動力アップのため減量中だが、試合の前日はフルーツゼリーで気合を入れる。壮行試合では「まっすぐ前に出ることもできなかったです」と、180センチ、120キロの恵まれた体格を持ちながらも、海外選手のパワーと技術に驚いた。「スクラムだけではなく、タックルやボールを持った走りもできるように」と、目標の「世界で通用するプロップ」に向けてボールを追う。

 ○…代表合宿の参加が決まった時には、「日本のトップレベルについていけるのか」と驚きと不安が大きかったという。代表レベルを経験した今は「遥か雲の上の存在ではないと思えた。努力すれば見えてくるのだと、モチベーションがあがった。ずっとラグビーを続けたい」。ラグビー愛を全身にたたえ、スクラム最前列で勝利への一歩を踏み出す。

  • googleplus
  • LINE

平塚版の人物風土記最新3件

  • 枝崎 恵治さん

    確定申告期を迎える平塚税務署長

    枝崎 恵治さん

    横浜市在住 58歳

    2月15日号

  • 中根 瞳さん

    「湘南ストロベリーマルシェ」の実行委員長を務める

    中根 瞳さん

    豊田打間木在住 32歳

    2月8日号

  • 平田 昇さん

    NPO法人平塚のら猫を減らす会の理事長

    平田 昇さん

    東真土在住 53歳

    2月1日号