市博物館で企画展を開催している日本野鳥の会会員岡根 武彦さん平塚市在住 76歳

掲載号:2019年2月7日号

  • LINE
  • はてぶ

こころ優しき鳥撮り

 ○…少年時代から愛でてきた野鳥は「良きパートナー」。観察するなかで「考え方や生き方も教わる。私だけじゃない。野鳥は人間にとって大切な友達」と穏やかな表情を見せる。単に撮るのではなく「撮らせてもらう」。それゆえ、被写体に優しく話しかけながらニコンD750のシャッターを切る。「人も鳥も同じ。安心感を与えることで自然の姿を見せてくれる」

 ○…生まれは三重県松阪市。気候がよく野鳥がたくさんいる平塚へ18歳でやってきた。会社勤めをしていたが、パンとコーヒー好きが高じて四十路を迎えて喫茶店「ノーサイド」を根坂間に開店。自家製パンにフランクフルト、サラダに得意のコーヒーが付いたブレッチェンセットが人気メニューで、博物館の前館長の故・浜口哲一さんをはじめ作家などの文化人が愛した味だ。60歳で惜しまれながら閉店してからは、残りの人生を大好きな野鳥に捧げている。

 ○…フィルムの味を懐かしみながらも、今はデジタル一眼レフと300mmのレンズを自転車に乗せ、平塚のあちらこちらへ。妻とも連れ立って、北海道、沖縄、長野、新潟と全国にも赴く。目と耳だけじゃない。五感を研ぎ澄まし、第六感も働かせ空飛ぶ友達に没頭。でも、焼き鳥も好き。塩皮串に赤ワインを合わせるのが岡根流だ。

 ○…野鳥撮りでは被写体にギャラを払わない。それゆえか、今日では多くの人がファインダーを覗き、いい写真を撮りたくて営巣する場に近づく。すると、野鳥はストレスを感じ、いなくなってしまう。そんな現状を憂うと表情は一変し「被写体を大事にしろよ」。手の届く範囲で傷ついた友達を見つければ保護して病院に連れて行き、「撮らせてもらうからね」という心で向き合う。優しき鳥撮りがここにいる。

  • LINE
  • はてぶ

平塚版の人物風土記最新3件

  • 山岸 和子さん

    全国公募団体IAC美術会湘南支部の支部長を務める

    山岸 和子さん

    南金目在住 75歳

    3月21日号

  • 西村 智之さん

    NPO法人「湘南遺産プロジェクト」の代表理事で、4月に平塚でイベントを開催する

    西村 智之さん

    茅ヶ崎市在住 72歳

    3月14日号

  • 内田 早苗さん

    NPO法人「絵本で子育て」センター絵本講師で「きいろいおうち」を主宰する

    内田 早苗さん

    天沼在住 44歳

    3月7日号