ホーム > 大磯・二宮・中井版 > ローカルニュース > 戦時下に綴った日記集

大磯・二宮・中井

戦時下に綴った日記集

『ひとしずく』第4号発刊
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
『ひとしずく』第4号
『ひとしずく』第4号

 戦争の記憶を後世に伝え残す活動をしている二宮町の町民団体「戦時下の二宮を記録する会」(赤羽興三郎代表)は、会報誌『ひとしずく』第4号を発行した。

 4冊目は日記編と題して、戦死前日まで綴られたノモハン戦争従軍日記や空襲下の東京で書き続けた学業日誌、戦禍を生き抜いた家族の記録などを収録。平塚高等女学校(現平塚江南高校)4年生の時に終戦を迎えた女性が保管していた日記の一部も掲載しており、平塚にあった日本国際航空工業での学徒動員の様子を伝えている。

 頒布価格は1冊千円。二宮町内の伊勢治書店、吉田屋書店で取り扱っている。
 

関連記事

powered by weblio


大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野