ホーム > 大磯・二宮・中井版 > ローカルニュース > たすきつなぎ力走

大磯・二宮・中井

かながわ 駅伝

たすきつなぎ力走

大川選手(国府中)が区間1位
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
2区を走る中井町の榎本泰基選手(伊勢原市の国道246)
2区を走る中井町の榎本泰基選手(伊勢原市の国道246)

 秦野市中央運動公園から県立相模湖公園まで51・5kmを7人のたすきでつなぐ、第65回市町村対抗「かながわ駅伝」競走大会が13日に行われた。19市11町から監督・選手359名が参加。ニューイヤー駅伝や箱根駅伝などを走った有力選手を擁する横浜市が2時間39分46秒で2年連続優勝した。2位は藤沢市、3位に平塚市が入った。

 地元勢は、大磯町の1区大川一成選手(国府中)が3km9分9秒の区間第1位となる好スタートを切り、2時間58分55秒でゴールした。昨年の22位から順位を上げて19位。町村では3位につけた。二宮町の記録は3時間2分24秒で23位。選手7人のうち6人が中学生と高校生という、若いメンバーで挑んだ中井町は二宮町から16秒遅れの24位だった。

 今大会で選手宣誓した中井町の上木高広キャプテン(足柄上郡陸協)は「かながわ駅伝に出場するのが初めての選手がほとんどだったが、皆の顔色もよく、怪我せずに最後までよく走ることができた。高校生たちはこれから伸びていく選手なので、来年はもっと強くなるだろう」と話していた。

関連記事

powered by weblio


大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野