ホーム > 大磯・二宮・中井版 > ローカルニュース > 市民町民目線で考えるごみ処理広域化

大磯・二宮・中井

市民町民目線で考えるごみ処理広域化

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
様々な意見が出された情報交換会
様々な意見が出された情報交換会

 2月7日、大磯町ふれあい会館で平塚市・大磯町・二宮町でおこなう「1市2町ごみ処理広域化実施計画」の骨子案についての情報交換会がおこなわれた。これは、市民の目線で財政について調べる活動をおこなっている「ひらつか自治体財政研究所」の代表を務める井上駿氏の呼びかけで開催されたもの。

 当日は、平塚・大磯・二宮の議員やごみ広域化に関心のある市民や町民など約20名が集まった。会では広域化計画に関する契約内容の問題点などの説明がされ、会としてどのようなアクションを起こしていくべきかなどが話し合われた。今後は会の名称を「HONごみ広域会議」とし、定期的に情報交換会を行っていくとしている。
 

関連記事

powered by weblio


大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野