大磯・二宮・中井版 掲載号:2011年6月24日号
  • googleplus
  • LINE

元開成町長露木氏 衆院選に意欲 17区から国政目指す

国政への決意を語る露木氏
国政への決意を語る露木氏

 元開成町長で、4月の神奈川県知事選挙に挑み次点で敗れた露木順一氏(55)が本紙の取材に対し、中井町や小田原市などを含む衆議院神奈川県第17区から無所属での出馬に強い意欲をみせた。

 露木氏は1996年の衆院選に立候補して現職(当時)の河野洋平氏に敗れており、国政へ挑戦するのは15年ぶり。次の衆院選に向けて動き始めた露木氏から話を聞いた。

―国政への転進を決めた時期ときっかけは?

 露木「県知事選では、人口や経済力で勝る横浜や川崎等と、自力で経済を再生することの難しい県西地域の格差をまざまざと感じた。この差を埋めていくには、強力な指導力を持つ国会議員が先頭に立ち、相模川以西の首長を取りまとめて意見を発信していかなくてはならない。それができるのは自分だと考え、選挙後の早い段階から”次は国政”と決断していた」

―進路を国政に定めた具体的な理由は?

 露木「現在の内閣不信任案を巡る一連のドタバタ劇や主義の一貫しない議員等の姿を見て、政治の劣化を感じた。またボランティアなどで被災地を訪れた際、事実上解決策が進んでいない瓦礫の山を前にして”なんでだ”という思いにかられた。震災を通じて現在、実力者と呼ばれている政治家たちの限界が見えた。ここで”真の政治家”が出て、国政に新しい血が入っていかないと日本は沈没する」

―今後の動きは?

 露木「当面は各地で講演会を開いていく。後援会組織については前回出た衆院選から15年経ってしまっているので、拠点ごとに支持者の結集を図っていきたい」
 

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

面打ち岩崎さん個展

面打ち岩崎さん個展

大磯で初の作品発表

3月23日~4月3日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク