大磯・二宮・中井版 掲載号:2011年9月9日号
  • googleplus
  • LINE

読書会の会長を務める 田中 徳子さん 二宮町在住 

十人十色、そこが楽しい

 ○…月に1回、本の感想をそれぞれ語り合う。語られる感想は各自によって様々。「同じ本を読んでも、感じ方や思いは人によって違います。なるほど、こういうふうに思ったのかと、感心させられることばかりです」と話す。読書会の会長になって5年目。現在会員は20名。皆本が好きで、共通のテーマで語り合いたいという人が集まった会だ。読書会のテーマの本は2回、3回読むこともあるという。「本によって違いますが、1回目はさらっと読んで2回目はじっくり読みます。様々な本がありますから、内容によって変わりますね」。プライベートでは月に2〜3冊本を読むという。本の魅力は「登場する主人公に自分を置き換えて入り込むことができるところ」と話す。

 ○…読書会の前進は二宮町図書館読書会。現在は、会員の自主運営で行われている。開かれるのは毎月1回。会場はラディアン。講師を招いて行われることもあるという。初めて参加したのは平成5年。二宮町広報のお知らせ版に掲載されていたのを見て興味を持った。「読書が好きだったので、このような会があることを知り、楽しめそうと思い参加したのがきっかけ」と話す。「会の雰囲気が自分と合ってすんなり溶け込めました」と振り返る。

 ○…小田原市で生まれ育つ。大学卒業後、高校の教師に。「教壇にたったのが22歳の時。受け持ったのが高校2年生でした。生徒とは5歳くらいしか離れていなかったこともあり、楽しかったです」。二宮町には結婚を機に引っ越してきた。「今では買い物には便利ですが、当時は何もなく不便な町だったんですよ」と笑う。近所の子どもたちに勉強を教えていたことも。「寺子屋みたいのをやっていました」。趣味は旅行。「旅先での一期一会の出会いが楽しみ」と話す。また飾られているお孫さんの写真を見ながら「たまに遊びに来る孫に会えるのも楽しみなのよ」と目尻を下げる。
 

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

岩崎 久人(ひさと)さん

能・狂言の面(おもて)を40年以上打ち続け、大磯町で個展を開く

岩崎 久人(ひさと)さん

3月16日号

加藤 喜規さん

OISO学び塾で後藤濶について講演した

加藤 喜規さん

3月9日号

三好 祐太さん

二宮町商工会青年部主催のイベント、みかんモザイクアート制作の実行委員長を務めた

三好 祐太さん

3月2日号

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月23日号

室伏 正昭さん

2017年度の神奈川県体育功労者表彰を受けた

室伏 正昭さん

2月16日号

大日方(おびなた) 邦子さん

平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

2月9日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

面打ち岩崎さん個展

面打ち岩崎さん個展

大磯で初の作品発表

3月23日~4月3日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク