大磯・二宮・中井版 掲載号:2011年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

大磯のギャラリーさざれ石で「白磁」個展を開催している 丸田 秀三さん 59歳

妥協を許さず打ち込む

 ○…個展を開催しているギャラリーでの取材。会場内には白磁の食器や花器などが並ぶ。「触れてみてください」と促され、触れると固いものという現実とはまた違う、赤ちゃんのような柔らかい感触が指先を通して体に入り込む。それは白という無垢な色が織りなす魔法なのか。今回の個展では約100点の白磁が展示されている。大磯町内に住んでいたこともある氏だが大磯では初めての個展開催だ。「どのような評価をしていただくのか楽しみでもあり不安。複雑な心境です」と話す口調は作品同様に優しい。個展は11月29日(火)までギャラリーさざれ石(大磯町役場近く)でおこなわれている。

 ○…1952年佐賀県生まれ。子どもの頃は勉強、スポーツなんでもこなす少年だったとか。「一つを極めるタイプではなかったです」と少し恥ずかしそう。熊本高校、早稲田大学を卒業。大学では当初ジャズ研究会に所属、ベースを担当していた。「やっていくうちに音楽は難しいのが分かって。自分には向いていないと思い辞めました」と話す。その後、美術研究会に入った。これが今の氏を形成する大きな転機となった。研究会で陶芸の面白さを体感した。「グニャグニャの粘土が焼きあがると立派な作品になる。すごいと思いました。しかし、実際にやると思い通りにいかない。難しさゆえに思い通りの作品が出来た時の感動は大きい」と両手を広げる。見識を深めるために美術館や博物館巡りはもちろんインド、トルコ、インドネシア、タイなどにも行った。「様々なものを見てきました。とても勉強になりました」と振り返る。

 ○…作品は、常に同じものを作らない主義。時間が空いたときはカメラを持って外出するという。自然の風景を撮るのが好き。「写真は平面ならではの面白さがあり、陶芸は立体的な面白さがある。双方に特徴があって魅力的」と話す。朝日陶芸展、金沢工芸大賞展等入選多数。平塚市在住
 

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

岩崎 久人(ひさと)さん

能・狂言の面(おもて)を40年以上打ち続け、大磯町で個展を開く

岩崎 久人(ひさと)さん

3月16日号

加藤 喜規さん

OISO学び塾で後藤濶について講演した

加藤 喜規さん

3月9日号

三好 祐太さん

二宮町商工会青年部主催のイベント、みかんモザイクアート制作の実行委員長を務めた

三好 祐太さん

3月2日号

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月23日号

室伏 正昭さん

2017年度の神奈川県体育功労者表彰を受けた

室伏 正昭さん

2月16日号

大日方(おびなた) 邦子さん

平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

2月9日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

面打ち岩崎さん個展

面打ち岩崎さん個展

大磯で初の作品発表

3月23日~4月3日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク