大磯・二宮・中井版 掲載号:2011年12月9日号
  • googleplus
  • LINE

発足30周年を迎えたガールスカウト神奈川県第95団委員長 平 キヨさん 大磯町在住 

子ども包む優しい情熱

 ○…大磯町を中心に活動しているガールスカウト神奈川県第95団は昭和56年に発足し、30周年を迎えた。発足時から同団にたずさわる。ガールスカウトとの関わりは二人の娘の入団がきっかけ。「子どもがお世話になるのだから」と自らリーダー養成講習に飛び込み、指導者の資格を取得した。「子どもたちと一緒に遊ぶのが好きなだけ。ここまで私を育ててもらって、みなさんに感謝です」と謙虚に語る。現在は少女会員30名、指導者13名。温かな眼差しと情熱で会員を見守り、団を率いる。

 〇…世界に約1千万人の会員がいるガールスカウトが目指すところは、「少女と若い女性が責任ある世界市民として自ら考え、行動できる人となること」。5歳から高校生までの少女が成長過程に応じて野外活動や奉仕活動、交流会、季節の行事などを行っている。海外の貧困や飢餓、温暖化防止といった世界規模の問題を足元から考え、できることを実践する取り組みも。町内に借りた畑でのさつまいも栽培はその一つ。さつまいもの売り上げで苗木を難民キャンプへ送る。「子どもたちは活動を通して、世の中の動きを察知し、社会と密接につながることに手応えを感じているようです。こちらもぼんやりしていられませんね」と笑う。

 〇…夏に大磯で実施した東京都の団との交流キャンプで100秒間スピーチを提案した。夕食前、スカウトたちがスピーチの練習をしたいと言ってきたのでキッチンタイマーで時間を計ってあげると、何度も練習を繰り返した。「原稿を書いてきた子もいました。みんな立派な発表でした」と、何事も積極的に向き合おうとする子どもたちの姿がとても嬉しかったようだ。

 〇…趣味は40年以上続けている能。舞と謡を習っている。今月11日には大磯駅前で東日本大震災復興支援の街頭募金活動に立つ。町商工会婦人部員。多忙を極めながらも、団のブログ更新は小まめに欠かさない。
 

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

岩崎 久人(ひさと)さん

能・狂言の面(おもて)を40年以上打ち続け、大磯町で個展を開く

岩崎 久人(ひさと)さん

3月16日号

加藤 喜規さん

OISO学び塾で後藤濶について講演した

加藤 喜規さん

3月9日号

三好 祐太さん

二宮町商工会青年部主催のイベント、みかんモザイクアート制作の実行委員長を務めた

三好 祐太さん

3月2日号

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月23日号

室伏 正昭さん

2017年度の神奈川県体育功労者表彰を受けた

室伏 正昭さん

2月16日号

大日方(おびなた) 邦子さん

平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

2月9日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

面打ち岩崎さん個展

面打ち岩崎さん個展

大磯で初の作品発表

3月23日~4月3日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク