大磯・二宮・中井版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

大磯小PTA 親子で災害時の備えを 学区独自の防災ハンドブック作成

防災ハンドブックを作成した大磯小PTAの本部役員
防災ハンドブックを作成した大磯小PTAの本部役員

 大地震や津波が発生した時にどのように行動し、家族と連絡が取れなければどこで待ち合わせをするか―。災害時の対応について日頃から親子で話し合っておこうと、大磯小学校PTA(古屋幸三会長)は児童と保護者へ向けた防災ハンドブックを作成した。

 「連絡網も携帯電話も使えない。自己判断や口コミで子どもを迎えに行った保護者が多かった。緊急時の対応、地域に即した情報の入手・伝達方法を確認しておく必要があると感じた」。PTA会長の古屋さんは東日本大震災が発生した昨年3月11日を振り返り、防災ハンドブックを作ったきっかけをそう話す。

 PTA本部では昨年7月、震災当日の状況やその後の防災意識などを把握するために保護者へアンケートを実施。回答に関連するコメントも集めた。集計結果によると、地震発生後に保護者自ら子どもを学校へ引き取りに行った割合は多く、職場や外出先で帰宅困難になったため迎えに行けなかったケースや保護者の代わりに祖父母らが引き取った家庭は2割弱だった。地震の情報は9割の人がテレビで得ていたが、大磯町の情報は伝わってこない不便さがあったという意見が寄せられた。また、7割が非常用の水や食料を用意している一方、家族の安否確認方法を決めているのは3割未満だった。

 そこで、防災ハンドブックには通信手段が使えない場合の連絡方法や地域の情報入手に役立つメール配信サービス・防災行政無線の放送内容を聞ける無料電話、保護者が引き取るまで児童は学校で待機するといった非常時の対応などをまとめた。家族との待ち合わせ場所、保護者不在時に子を迎えに行く代理人、習い事や遊び先で災害に遭ったらどう避難するかの部分は、家族で記入する欄を設けた。持ち出し品リストと学区内の地図も掲載。避難場所へのルートに色を塗ったり、避難所や高台まで実際に歩いて確認したりするよう呼びかけている。ハンドブックは黄色いA3用紙の三つ折り。冷蔵庫に貼る、玄関に置くなどして、いざという時に持ち出してもらう。

 東日本大震災からまもなく1年。同PTAはハンドブックを各家庭での災害対策に活用してもらうため、講習会を3月6日(火)に大磯小学校で開く。内容は学校の防災活動と南関東大地震への備えについて。防災ディスカッションも行う。副会長の宮代とよ子さんは「このハンドブックをもとに家族で話し合い、子ども自身が災害時に自分を助けられる知識と力をつけていってほしい」と話していた。
 

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

2年連続マイナス編成

大磯町予算案

2年連続マイナス編成

2月16日号

5商品をブランド認証

中井町

5商品をブランド認証

2月16日号

3年連続全国大会へ

大磯町の石野さん

3年連続全国大会へ

2月9日号

4億8千万円の歳出超過

二宮町予算1次査定

4億8千万円の歳出超過

2月9日号

二宮勢が中央大会へ

県少年サッカー選手権大会

二宮勢が中央大会へ

2月2日号

学級閉鎖相次ぐ

学級閉鎖相次ぐ

2月2日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康づくりに汗かこう

健康づくりに汗かこう

中井町 マラソン参加者募集

3月4日~3月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク