大磯・二宮・中井版 掲載号:2012年6月15日号
  • googleplus
  • LINE

絵画展を開く 三澤 裕子さん 大磯町在住 

飾らない、自然体

 ○…取材はアトリエ。室内は画材の香りに包まれており、デッサン画や人物像、風景画など創作中の作品が目に映る。ついさっきまで創作していたようだ。「私はどちらかというと計画的に作品を仕上げるタイプではなく、描きたいと思った時に描くタイプなので」。夫婦で開く絵画展『夏至・ふたり展』を6月15日(金)〜25日(月)まで大磯中学校向かいの『Live Art Galleryすとれんじふるうつ』を会場に開催する。「見に来て頂いた方に、絵を描くことの楽しさが伝えることができればと思っています」と話す。「絵って楽しいもの。材料も題材も決まりはありません。自由なの」とやさしい眼差しでこちらを見る。

 ○…ゆっくり語りかけるような話し方。印象は飾らない自然体。絵の魅力を聞くと「絵は鉛筆など書くものと紙があればすぐ描けるのよ」と傍にある鉛筆と紙でサラッとスケッチする。「描いていると絵の世界に入り込める。想像しながら描けるところが絵の魅力」と声が弾む。

 ○…子どもの頃は、引っ込み思案な性格だという。小さい頃から絵を描くことが好きだった。美術系の高校、大学へ。しかし、絵の授業は自身の感覚とは違っていた。「授業では、いつまでにこの絵を完成させなさいというやり方。授業なので当然ですが、私にとって絵を描くことに期限や描き方などを定められるのがどうしても納得いかなくて」と胸の内を明かす。その後、師と仰ぐ先生との巡り合いや様々な人との出会いを通じて前進していった。

 ○…絵画教室を運営。「皆さんと時間の共有が幸せ」と話す。自身にとって絵はどういう存在かを聞いてみた。するとキーワードは「心の環境」だ。「人は様々な環境に身を置いている。心が晴れやかになることもあれば病むこともある。心の環境が崩れると病んだりするのだと思う。私にとって絵を描くことは心の環境を整えることかな」とやさしく微笑んだ。
 

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

室伏 正昭さん

2017年度の神奈川県体育功労者表彰を受けた

室伏 正昭さん

2月16日号

大日方(おびなた) 邦子さん

平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

2月9日号

竹岡 健輔さん

多摩美術大学の学生で初の個展を開く

竹岡 健輔さん

2月2日号

多田 靖幸さん

ラディアンで写真展を開くシャッタークラブの会長を務める

多田 靖幸さん

1月26日号

関口 雄一さん

平塚青年会議所(平塚JC)の第60代理事長に就任した

関口 雄一さん

1月19日号

朝日山 一男さん

鍼灸マッサージ師としてアスリートのサポートや介護予防、災害対策に取り組む

朝日山 一男さん

1月12日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康づくりに汗かこう

健康づくりに汗かこう

中井町 マラソン参加者募集

3月4日~3月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク