大磯・二宮・中井版 掲載号:2012年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

水質「AA」→「A」に О157・放射性セシウムは不検出 大磯海水浴場

レジャー客で賑わう大磯町の海水浴場(過去の様子)
レジャー客で賑わう大磯町の海水浴場(過去の様子)

 夏の海開きを前に県は1日、県内27カ所の海水浴場で行った水質検査の結果を発表した。最高評価の「適・AA」と判定された海水浴場は14カ所で、不適はゼロだった。

 大磯町の大磯北浜海水浴場の水質は、昨年の「適・AA」から「適・A」となった。この判定結果について県の担当者は「ランクは下がったが、ゴールデンウイーク中に降った雨などの影響が大きいのではないか」と話している。

 検査は、今年5月7日から9日のうち2日間を使って実施された。1日2回の採水で、水中のふん便性大腸菌群数や油膜、透明度、腸管出血性大腸菌О157などの項目を、環境省の定める水質基準に沿って判定した。О157は全ての海水浴場で不検出だった。

 茅ヶ崎市や藤沢市、鎌倉市、葉山町などでは昨年に比べ水質が改善、もしくは同水準を維持した。一方、評価を下げたのは大磯町の他に平塚市(AA→B)、小田原市(AA→A)、真鶴町(A→B)など6カ所。

 今年は、昨年の福島第一原発の事故を受けて、海水の放射能濃度についても25カ所の海水浴場で測定。放射性セシウムは検出されなかった。水質検査は7月上旬にも実施される。
 

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康づくりに汗かこう

健康づくりに汗かこう

中井町 マラソン参加者募集

3月4日~3月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク