大磯・二宮・中井版 掲載号:2012年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

ファミリーコンサートを開催する大磯吹奏楽団団長 松島 幸男さん 大磯町在住 62歳

子どもたちの自信育む

 ○…市民楽団である大磯吹奏楽団の第33回ファミリーコンサートを二宮町生涯学習センター・ラデイァンで24日(日)に開く。華やかなファンファーレで始まる、吹奏楽の楽曲「ジュビリー序曲」のほか、アニメ・ワンピースのテーマ曲「ウィーアー!」、時代劇でおなじみの曲、松田聖子メドレーなど、子どもから大人まで肩肘張らずに楽しめるプログラムを組んでいる。「団員が演奏したい曲を選びました。全員が集まって練習するのはなかなかできませんが、本番に向けて調子は揃ってきました」と語る。

 ○…結成は20年ほど前。町立大磯小学校吹奏楽部で指導をしていた卒業生が社会人になって母校を訪れた。「中学・高校でも吹奏楽を続けたが、学校を卒業すると演奏する場所がない」と聞き、「それなら一緒にやろう」。教師仲間とその教え子たちで始めた。町の文化祭や平塚市の吹奏楽フェスティバル、大磯宿場まつりといった地域の行事などに参加している。団員は10代から60代までと幅広い。

 ○…町立国府小学校教諭。49名いる金管クラブを指導する。「コツさえつかめば、子どもたちは覚えが早い」。入部して間がなく、音を出すのがやっとという児童にも「できることを見つけてやりなさい」と伝える。「他の子よりも毎日30分早く登校して休まず練習に来ることもその一つ。立派なことですよ」と話す。ベテラン教師らしく穏やかな語り口ながら「子どもたちには恐い先生だと思われているかも」。ファミリーコンサートには国府小金管クラブも出演する。

 ○…青森県弘前市出身。中学で顧問に勧められて吹奏楽部へ。金管楽器のユーフォニウムを任された。「何となく始めた」吹奏楽にのめり込んだ。「今思えば、先生に上手く乗せられたようです」と笑う。教員採用試験を受けるために神奈川へ。吹奏楽と大磯に出会ったのは「たまたま」といい、「偶然の積み重ねで今があるって不思議ですね」。
 

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

室伏 正昭さん

2017年度の神奈川県体育功労者表彰を受けた

室伏 正昭さん

2月16日号

大日方(おびなた) 邦子さん

平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

2月9日号

竹岡 健輔さん

多摩美術大学の学生で初の個展を開く

竹岡 健輔さん

2月2日号

多田 靖幸さん

ラディアンで写真展を開くシャッタークラブの会長を務める

多田 靖幸さん

1月26日号

関口 雄一さん

平塚青年会議所(平塚JC)の第60代理事長に就任した

関口 雄一さん

1月19日号

朝日山 一男さん

鍼灸マッサージ師としてアスリートのサポートや介護予防、災害対策に取り組む

朝日山 一男さん

1月12日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康づくりに汗かこう

健康づくりに汗かこう

中井町 マラソン参加者募集

3月4日~3月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク