大磯・二宮・中井版 掲載号:2012年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

国際姉妹都市の米国・ラシン市にホームステイした横浜桜陽高校2年 横地 望さん 大磯町在住 16歳

”伝える力”が結ぶ新たな友情

 ○…デニム地の短パンにピンクと紫のボーダーTシャツ。8月7日、成田空港に帰国した彼女は達成感に満ちていた。大磯町と姉妹都市提携を結ぶアメリカ中西部に位置するウィスコンシン州ラシン市へホームステイ。同町などから旅費の一部を補助され、高校生3人とともにアメリカで2週間を過ごした。「貴重な体験をさせてくれた町に育ったことを誇りに思う」と感謝の意を口にする。忘れられない16歳の夏となった。

 ○…大磯町の国際姉妹都市はラシン市とオハイオ州デイトン市。約30年に渡り、大磯町姉妹都市協会は町内の高校生を両市に派遣してきた。春先に応募し、面接選考で14人の中から選ばれた。渡航する4人を集めて開かれた説明会ではリーダーに立候補。現地ではまとめ役を全うし、ホストファミリーをはじめ多くの人々と積極的に友好をはかった彼女だが、「幼い頃から誰にでも開放的なわけではなかった」という。

 ○…転機は2年前。英語講師を務める母親の知人から誘われたのをきっかけに、英会話教室へ通い始めた。「オープンな性格になったのはそれから。慣れない言葉で自分の思いを伝えるためには、表情やジェスチャーを存分に活用しないとダメなんです」と語る顔には満面の笑み。現地では、ホストファミリーで同い年の女子校生・アンディやその友人らと美術館、動物園などを訪問。渡航目的の1つに挙げた日本文化の紹介も、和食を振る舞ったり、華道の家元である父親から学んだ生け花を披露したりして成し遂げた。「自発的に情報発信することで相手との距離は縮まると感じた。今回の経験を糧に、いろんな人と関わっていきたい」

 ○…アンディと過ごしたのはわずか数日間だったが、親交を深め、心を通わせた。だからこそ、外出先では自分に似合う洋服を真剣に選んでくれた。それが帰国時のファッション。英語で培うコミュニケーション能力が結んだ友情の証だ。
 

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

室伏 正昭さん

2017年度の神奈川県体育功労者表彰を受けた

室伏 正昭さん

2月16日号

大日方(おびなた) 邦子さん

平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

2月9日号

竹岡 健輔さん

多摩美術大学の学生で初の個展を開く

竹岡 健輔さん

2月2日号

多田 靖幸さん

ラディアンで写真展を開くシャッタークラブの会長を務める

多田 靖幸さん

1月26日号

関口 雄一さん

平塚青年会議所(平塚JC)の第60代理事長に就任した

関口 雄一さん

1月19日号

朝日山 一男さん

鍼灸マッサージ師としてアスリートのサポートや介護予防、災害対策に取り組む

朝日山 一男さん

1月12日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康づくりに汗かこう

健康づくりに汗かこう

中井町 マラソン参加者募集

3月4日~3月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク