大磯・二宮・中井版 掲載号:2012年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

湘南国際マラソン 2万1千人が海沿い疾走 大磯港では地元の味を堪能

西湘バイパスを力走する選手たち
西湘バイパスを力走する選手たち

 湘南海岸沿いを駆け抜ける「第7回湘南国際マラソン」(同マラソン実行委員会主催)が11月3日に開催され、2万1177人が出場。海からの爽やかな風を受けながら、ランナーたちが疾走した。

 車いすの部を皮切りに、ハーフマラソン、フルマラソン、10Kmの部の選手たちが西湘バイパス大磯西ICをスタート。二宮〜江の島間を、色とりどりのコスチュームが彩った。

 二宮町在勤の阿山茂樹さん(37)は、「自分が生活する場所を走りたいと思った。普段車で通る道を走るのは新鮮」と語り、フルマラソンを4時間58分22秒で走破した。大磯町在住の小島昇さん(48)は、4時間以内の目標を達成し3時間55分44秒でゴール。「沿道からの応援に元気をもらった」と小島さんが振り返るように、コースには多くの観客が駆けつけ、ランナーに温かい声援を送っていた。

 男子フルマラソンの部は、箱根駅伝などで活躍した徳本一善さんが2時間20分25秒で優勝。女子の部は、2時間54分48秒の村松夏子さんが制した。

 大会には、地元を中心に3050人がボランティアで参加。「多くの人が訪れる地元の大会を支え、成功させたかった」と大磯中学校2年・鈴木まりんさん。フィニッシュ地点で、完走者に笑顔でメダルを手渡した。今大会は東日本大震災復興支援大会と位置づけられ、参加費の一部が被災者の支援団体に寄付される。10Kmの部に出場した中崎久雄大磯町長は、沿道の声援を力に完走。「気持ちの大切さを改めて感じた。この想いを被災地に届けていきたい」と話していた。

 また、大磯港では「乾杯横丁」と題したイベントが初めて開かれ、大磯町内から18軒が出店。走り終えたばかりのランナーらが立ち寄り、湘南の味を堪能した。「地元が一体となり、来年以降もマラソンを盛り上げていきたい」(おおいそ地域振興・重田照夫社長)
 

ランナーらでにぎわった大磯港
ランナーらでにぎわった大磯港

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

2年連続マイナス編成

大磯町予算案

2年連続マイナス編成

2月16日号

5商品をブランド認証

中井町

5商品をブランド認証

2月16日号

3年連続全国大会へ

大磯町の石野さん

3年連続全国大会へ

2月9日号

4億8千万円の歳出超過

二宮町予算1次査定

4億8千万円の歳出超過

2月9日号

二宮勢が中央大会へ

県少年サッカー選手権大会

二宮勢が中央大会へ

2月2日号

学級閉鎖相次ぐ

学級閉鎖相次ぐ

2月2日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康づくりに汗かこう

健康づくりに汗かこう

中井町 マラソン参加者募集

3月4日~3月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク