大磯・二宮・中井版 掲載号:2013年1月18日号
  • googleplus
  • LINE

炎に願った無病息災 大磯で左義長

炎で団子を焼く来場者たち
炎で団子を焼く来場者たち

 大磯北浜海岸で1月14日、新年恒例の祭事「左義長」が開催された。寒風吹き荒れる中、訪れた人々は1年間の無病息災を祈願した。

 どんど焼きとも呼ばれる左義長は、正月のお飾りや縁起物に火を入れる行事。しめ縄や書き初めの紙などを松・わらと共に巻きつけた塔「サイト」に、午後7時に点火。高さ7〜8mにおよび、9基が立ち並んだサイトは煌々と燃え上がった。書き初めを持参した町内在住の山縣周馬くん(9)は、「寒かったけれど燃やせてよかった」と話した。

 サイトの炎で団子を焼くのが左義長の慣例。竹に団子を吊るして来場した同町大磯の三浦晴代さん(63)は、「焼いたものをその場で食べ無病息災を願った」と語り、「来年も欠かさず来ます」と笑顔で会場を後にした。
 

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク