大磯・二宮・中井版 掲載号:2013年1月18日号
  • googleplus
  • LINE

長年にわたる無事故無違反で緑十字銅章を受けた 簑島 源一郎さん 二宮町在住 76歳

自覚と人格の安全運転

 ○…「誰もが起こしたくて交通事故を起こすわけではないけれど、ドライバーは安全運転の義務があることを常に自覚するべき」。栄誉の誇らしさを語るというより、自身にも言い聞かせるように穏やに話す。1983年8月から30年近くに渡って無事故無違反を続ける。優良運転者として今年度、全国交通安全協会長表彰にあたる「緑十字銅章」を受けた。県警本部長と県交通安全協会長の連盟表彰も同時受章。「一定の速度で走るように心掛けている。エンジンの回転数でおおよその速度が分かるね。西湘バイパスなら時速70Km。これなら燃費もいいし」と安全運転の基本を話す。

 ○…車両の間から歩行者が出てくるかもしれない。前を走っているのはこの土地に不慣れな人のようだ。みんな渋滞でイライラしているな。運転中は視界を広くし、多くの視点を持つ。周囲のドライバーの心情をも推し量るのは、熟練運転者らしい配慮だ。それでも「何も特別なことをしているのではありませんよ」と淡々と語る。

 ○…仕事を終えた夜間に自動車教習所へ通い、20代後半から陸送の仕事に携わった。朝家を出て、一晩中車を走らせ、帰って来るのは翌日の夕方。食事が喉を通らなくなるほど悲惨な交通事故を目撃したこともあった。「若い時は事故を見てもその怖さをすぐに忘れていた。でもだんだん歳を重ねてくると、いろいろ考えてしまって」と振り返る。

 ○…二宮町出身。「子どもの頃は周りが田んぼで、今の県道の向こう側に山が見えた」。青年会で活動し、地元の祭となると「家に来たお客さんをほったらかして」神輿や囃子に夢中になったそう。中里囃子保存会の役員を務め、郷土芸能の発展にも力を注ぐ。見て見ぬふりはできない世話焼きの気質のようで「よその家の子を叱る大人がいなくなった。でも、誰かが言ってあげないと」。近所づきあいと同様に、目配り心配りで今日もハンドルを握る。
 

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

粟村 俊也さん

青年海外協力隊員としてネパールで森林保全事業に携わる

粟村 俊也さん

3月30日号

佐藤 結香さん

新進のフルート奏者として活動する

佐藤 結香さん

3月23日号

岩崎 久人(ひさと)さん

能・狂言の面(おもて)を40年以上打ち続け、大磯町で個展を開く

岩崎 久人(ひさと)さん

3月16日号

加藤 喜規さん

OISO学び塾で後藤濶について講演した

加藤 喜規さん

3月9日号

三好 祐太さん

二宮町商工会青年部主催のイベント、みかんモザイクアート制作の実行委員長を務めた

三好 祐太さん

3月2日号

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月23日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク