大磯・二宮・中井版 掲載号:2013年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

駅前洋館 名称は「大磯迎賓舘」 5月オープン予定

イタリアンレストランやウェディング会場、撮影ロケ地などとして運営される大磯駅前洋館(写真提供/大磯町)
イタリアンレストランやウェディング会場、撮影ロケ地などとして運営される大磯駅前洋館(写真提供/大磯町)

 レストランや多目的カルチャー施設などとしてオープンする予定の大磯駅前洋館(旧木下家別邸及び新館並びに敷地)の名称が「大磯迎賓舘(げいひんかん)」に決定した。

 名称は駅前洋館の活用事業者であるインターナショナル青和(東京都渋谷区)が10候補のなかから選考した。大磯駅前を象徴し、国登録有形文化財に指定された洋風建築の佇まいにふさわしいものであることを考慮。「大切なお客様をお迎えする、おもてなしをする館として『大磯迎賓舘』に決定。多くの方々との出会いに期待を込めて命名した」と説明する。

 同洋館はイタリアンレストランやウェディング会場、撮影ロケ地、ワークショップや展示会ができる多目的カルチャーセンター、大磯町の歴史やゆかりの人物に関する資料室などとして運営される。オープンは5月中旬を予定。

 また、4月と5月に大磯町内全域で個人宅や店舗、事業所などの庭を公開する「おおいそオープンガーデン2013」に同館も参加。大磯迎賓舘開業準備室の担当者は「5月のオープンに先立って建物の前の庭を公開するので、ぜひ足を運んで下さい」と話す。

 大磯駅前洋館は貿易商だった木下建平が大正元年に建てた別荘。ツーバイフォー工法としては国内で最も古い時代の建築物とみられている。転売を経た後、2010年6月に大磯町土地開発公社が1億5千万円で取得。建物部分は町へ寄付された。町では洋館の保全・活用方法を検討し、活用事業者を公募。昨夏、都内新宿区にある小笠原伯爵邸でレストランを経営するインターナショナル青和を事業者に選定した。両者は2017年7月まで洋館の賃貸借契約を結んでいる。
 

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

病後児保育を開始

二宮・中井町

病後児保育を開始

3月30日号

リサイクルセンター竣工

大磯町虫窪

リサイクルセンター竣工

3月30日号

JAFと観光協定を締結

中井町

JAFと観光協定を締結

3月23日号

閉館惜しみ映画会

二宮の町民有志

閉館惜しみ映画会

3月23日号

再選へ出馬表明

二宮町村田町長

再選へ出馬表明

3月16日号

入館者10万人を突破

旧吉田茂邸

入館者10万人を突破

3月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク