大磯・二宮・中井版 掲載号:2013年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

たばこの害を学ぶ 中井中で講演会

教育

生徒たちに語る中山医師
生徒たちに語る中山医師

 中井町立中井中学校(青島純夫校長・生徒数266人)で7月11日、全校生徒を対象に薬物乱用防止教室を実施した。

 医師で禁煙、分煙活動を推進する神奈川会議会長の中山脩郎さんがたばこの害について講演。ヘビースモーカーの真っ黒な肺や、喫煙によって血流が鈍った脳の写真などを見せ、たばこから出る副流煙にも有毒性があり、受動喫煙も肺がんなどを引き起こす要因になると説明した。また、30代まで1日約60本を吸っていたことを語り、「今86歳。たばこを止めたからこうして働ける。止めていなければ死んでいた。たばこは害である」と訴えた。

 生徒代表は「大人になってたばこを吸う人が一人でも少なくなるといい」と語った。保健・給食委員がまとめた、たばこに関する全校アンケートの結果発表も行われた。 
 

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク