大磯・二宮・中井版 掲載号:2013年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

参院選 自民・島村氏が圧勝 前知事松沢氏も初当選

政治

 「ねじれ国会」の解消を占う第23回参議院議員選挙の投開票が7月21日に行われた。改選定数が1つ増え、4議席を11人が争った神奈川選挙区では、自民党の新人・島村大氏(52)が約113万票を獲得し、トップ当選。以下、みんなの党新人で前神奈川県知事の松沢成文氏(55)、公明党新人・佐々木さやか氏(32)、民主党現職・牧山弘恵氏(48)と続き、全国と同様に自民、公明の与党が圧倒的な強さを見せた。初当選した島村氏は「国民皆保険制度を予防医療にも適用できるようにしたい」と話し、歯科医師の経験を活かした政策実現に意欲を見せた。

 比例代表選の結果は、中郡と中井町でいずれも自民が投票数全体のうち37%を越える票を集めた。

 中郡では自民に次いで民主(12・82%)、みんな(12・80%)、共産(10・77%)、維新(9・45%)。中井町では2位にみんな(18・18%)、公明(11・00%)、民主(10・70%)、共産(8・39%)の順だった。

投票率は低下

 県全体の投票率は54・47%で2010年の前回に比べて1・09ポイント低下した。市区町村別で最も投票率が高かったのは山北町の66・82%。大磯町は56・25%。二宮町58・44%。前回よりもそれぞれ2・25ポイント、2・16ポイント下がった。中井町は0・19ポイント微増の56・68%。
 

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク