大磯・二宮・中井版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

大磯警察署生沢駐在所に35年間勤務した 村瀬 敬さん 大磯町生沢在住 60歳

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena

警察人生「感謝」の35年

 ○…地域を見守る駐在所のお巡りさんとして35年。今年3月で定年退職を迎える。「ここまで続けられたのは、地域の皆さんと家族に助けてもらえたから」と、開口一番に感謝の言葉が溢れる。刑事だった父の後を追って選んだ警察官の道。「地域に根差した仕事をしたい」と上司に志願して駐在所に勤務したのは26歳の時。「当時新婚だったのですけれど、妻にも相談してね」。駐在所に住むことになるため、緊急の通報や定期的な入電など、家族の理解と協力が欠かせない。「パトロール中は妻が電話をとってくれたり、とり損ねた電話を子どもたちが教えてくれたりしてくれました」と柔和な表情で振り返る。

 ○…雨の日も風の日も、国府小学校の前で通学を見守る活動は自身のライフワークとなっていた。かつて目の前を歩いた児童が親となり、今はその子たちを毎朝見守る…。そんなエピソードも、長年この地域のために尽くしてきたからこそ。後任との引き継ぎを終え、駐在所での最終勤務日となった朝も、いつもの通学路に立った。「子どもたちは普段から気さくに話しかけてくれて、今日はハイタッチしたり、最後の挨拶をしたり」と別れを惜しんだ。

 ○…防犯意識の高い石神台地域との合同パトロールでは、継続的な活動で犯罪件数を大幅に減少させることができた。毎月の「駐在所だより」による広報紙のコンクールで警察庁長官賞を受賞し、2009年には全国優良警察職員表彰も受賞した。ひたむきな姿はすっかり地域の顔となり、退任前の駐在所には多数の花が届けられた。「まるでお花屋さんみたい。でもありがたい」と満面の笑み。

 ○…警察官としての職務を全うし、横浜での再就職が決まっている。唯一の心残りは「もう少し女房孝行をしてあげたい」という願いだ。「35年間苦労をかけた。どこかへ連れて行って、美味い物でも食べさせてあげたいなぁ」。遠い目線に、優しい夫の横顔が見える。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

数田 俊樹さん

平塚・大磯・二宮をエリアとする平塚青年会議所(平塚JC)の第62代理事長に就任した

数田 俊樹さん

平塚市在住 37歳

1月24日号

西山 千鶴子さん

「Ocarina なのはな Festival」の実行委員会代表を務める

西山 千鶴子さん

二宮町山西在住 72歳

1月17日号

鈴木 敬太さん

1月1日付であしがらJCの理事長に就任した

鈴木 敬太さん

開成町在住 35歳

1月10日号

金子 航大さん

移動スーパー「とくし丸」を走らせる

金子 航大さん

中井町田中在住 23歳

12月20日号

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

町村監査功労者表彰を受けた

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

中井町雑色在住 69歳

12月13日号

小泉 孝之さん

お囃子の保存や太鼓演奏による健康増進に取り組む

小泉 孝之さん

二宮町二宮在住 80歳

12月6日号

佐藤 安満さん

おおいそ文化祭の運営委員長を務める

佐藤 安満さん

大磯町大磯在住 76歳

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日常使える防災術伝授

あんどうりすさん講演

日常使える防災術伝授

1月25日~1月25日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第37回「吉田茂【4】」文・武井久江

    1月24日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク