大磯・二宮・中井版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

世界6大マラソン大会を走破した 池田 辰夫さん 中井町遠藤在住 76歳

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena

夢は90歳でフルマラソン

 ○…世界6大マラソン大会に挑戦し続けて10年。ニューヨーク、ベルリン、ロンドン、ボストン、シカゴと走破し、今年2月23日に行われた東京マラソンでついに6大会を走破した。「まさかこんなに走り続けるとは思ってもいなかった」と満面の笑み。自宅の玄関に飾られた完走メダルは、自身の大切な勲章だ。

 ○…若い頃、走るのは「どちらかといえば苦手」だった。毎日精力的に仕事はしていても「肉が好きでお酒も毎晩飲んでいた」という生活で体重は80kgに。「痛風になって医者から『運動しろ』って言われてね」と苦笑しながら振り返る。娘が通っていたスポーツジムに足を運び「一番手軽にできる」と、ランニングを始めたのは60歳になってからだった。今では毎日約15Kmを走り、ジムでウエイトトレーニングや水泳で汗を流す。体重は52kgまで絞った。「帰ってきたらマッサージマシンで体をほぐす。疲れを翌日に残さないから毎日続けられる。日々の体のケアが大切」と大きくうなずく。

 ○…フルマラソンへの出場は38回を数える。「走っている時は辛い。特に35Kmくらい走った時が一番きつい。でもゴールした時の感動はたまらないね」と、すっかりマラソンの虜になっている。「走るのはそんなに速くない」と謙遜するが、東京マラソンでは70歳代の年代別で8位。シカゴの大会でも75歳から79歳の年齢別で2位と、輝かしいタイムを残している。

 ○…夫人を10年以上前に亡くし現在は1人暮らしだが、5人の孫が時折遊びに来るという。「スポーツをやっている孫もいるけれど、なかなか一緒に走ってくれない」と笑う。毎日の練習やジムのマラソン仲間との大会など、毎日が充実している。「ここまで続けられたのは仲間がいてくれたから」と目を細める。「80歳でホノルル、90歳で東京マラソンをもう一度走りたい。仲間とも約束しているんだ」。情熱を原動力に、今日も颯爽と町を駆け抜ける。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

数田 俊樹さん

平塚・大磯・二宮をエリアとする平塚青年会議所(平塚JC)の第62代理事長に就任した

数田 俊樹さん

平塚市在住 37歳

1月24日号

西山 千鶴子さん

「Ocarina なのはな Festival」の実行委員会代表を務める

西山 千鶴子さん

二宮町山西在住 72歳

1月17日号

鈴木 敬太さん

1月1日付であしがらJCの理事長に就任した

鈴木 敬太さん

開成町在住 35歳

1月10日号

金子 航大さん

移動スーパー「とくし丸」を走らせる

金子 航大さん

中井町田中在住 23歳

12月20日号

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

町村監査功労者表彰を受けた

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

中井町雑色在住 69歳

12月13日号

小泉 孝之さん

お囃子の保存や太鼓演奏による健康増進に取り組む

小泉 孝之さん

二宮町二宮在住 80歳

12月6日号

佐藤 安満さん

おおいそ文化祭の運営委員長を務める

佐藤 安満さん

大磯町大磯在住 76歳

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第37回「吉田茂【4】」文・武井久江

    1月24日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク