大磯・二宮・中井版 掲載号:2014年6月20日号 エリアトップへ

中井町メガソーラー パネル設置工事開始 来年3月の完成目指す

掲載号:2014年6月20日号

  • LINE
  • hatena
造成されたメガソーラーの建設現場。今月末には試験的にパネルが設置される
造成されたメガソーラーの建設現場。今月末には試験的にパネルが設置される

 中井町南部地区で建設が進められているメガソーラー(大規模太陽光発電施設)のソーラーパネル設置工事が5月から始まった。現在はパネルを乗せる基礎部分の工事が進行中で、6月末に10枚ほどのパネルを試験的に貼り、その後順次設置工事を進めるという。

 このメガソーラーは2013年に神奈川県と同町、県住宅供給公社が、スパークス・グリーンエナジー&テクノロジー(東京都品川区)と発電事業に関する基本協定を締結して建設が進められていた。

 建設場所は県道秦野二宮線(71号線)の西側に広がる同町井ノ口ほか。約14ヘクタールの土地に出力10メガワットの発電施設を設置し、2015年4月から稼働する計画だ。

 この土地は企業団地や住宅を誘致するための公社の土地だったが、当初の計画が中断。公社と同町などが保有するこの土地を事業者のスパークス社が20年間無償で借り受け、メガソーラーを運営することとなった。同町は固定資産税を免除することでメガソーラーの運営に協力していく。

 建設用地は大部分が山林や荒地、畑だったため、樹木の伐採工事や土地造成は昨年10月から行われていた。造成のための総事業費は同社が負担した。

 なお、伐採した木は横浜市旭区若葉台団地のコミュニティ施設のフローリング材などとして再利用されたほか、一部はチップ材に加工され、メガソーラーの造成工事請負業者が建設現場で活用するなど、廃棄を最小限に抑えている。

 出力規模10メガワットは、県内では川崎市にある扇島太陽光発電所の13メガワットに次ぐ大きさ。一般家庭約2800世帯が1年間に使用する電力量に相当し、電力は東京電力に売電されるという。
 

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

光と祈りで節目を祝う

光と祈りで節目を祝う 社会

澤田美喜 生誕120年記念

9月24日号

吾妻山公園へ送迎実験

二宮町

吾妻山公園へ送迎実験 社会

高齢者などの移動手段検討

9月24日号

傘寿の軌跡 動画自叙伝に

傘寿の軌跡 動画自叙伝に 社会

二宮町の松岡紀雄さん公開

9月17日号

死亡事故ゼロ 過去最長

大磯警察署

死亡事故ゼロ 過去最長 社会

管内で連続1000日超

9月17日号

御神木の売札所あらたか

川勾神社

御神木の売札所あらたか 社会

台風で倒れた400年杉生かす

9月10日号

授業をライブ配信へ

大磯町立学校

授業をライブ配信へ 教育

コロナ下 欠席児童の学習保障

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook