大磯・二宮・中井版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

二宮町 「福祉」を身近に 社会福祉大会で町民ふれあう

社会

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena

 福祉の啓発と関連団体の活動披露などを目的とした二宮町社会福祉大会が11月22日、生涯学習センターラディアンで開催された。障害者支援団体や人権団体、ボランティアグループ、教育機関などが一堂に会し、来場した町民と触れ合った。

 入り口には町内小中学校の特殊学級を中心とした児童・生徒の作品を展示。色鮮やかで手の込んだ折り紙や粘土作品などに親子連れや子どもたちが見入っていた。社協登録ボランティア団体と平塚地域歯科衛生士の会「歯みんぐ」は福祉体験スタンプラリーを実施。参加者は普段あまり接することのない点字や音声訳、車イス、手話、要約筆記、口腔ケアを体験した。自身の年齢を伝える手話を教わった男児は、指導したボランティアに出来を褒められ満面の笑み。屋外テントで開かれた模擬店では多くの人がおしるこや豚汁に舌鼓を打つなど、主催者、来場者共に大会を楽しんだ。

 ホールでは社会福祉関係功労者表彰および伝達表彰、二宮町ともしび運動推進委員会ポスター・標語入賞者表彰の式典が行われ、計20人3団体に賞状が手渡された。また、栄華亭金時さんによる手話落語「親子酒」「まんじゅうこわい」も好評を博した。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

「助け合いに役立てて」

「助け合いに役立てて」 社会

二宮ライオンズが寄付

1月14日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

1月14日号

まちかど事件簿

丹精込めた洋蘭ズラリ

丹精込めた洋蘭ズラリ 文化

チャリティー販売も

1月14日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月14日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook