大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

市民発電所の2号機起動 売電収益で福島の子ども支援

社会

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena
太陽光発電を囲む関係者ら
太陽光発電を囲む関係者ら

 大磯の自然を生かした自然エネルギー普及事業を行う一般社団法人「大磯エネシフト(岡部幸江理事長)」の第2号太陽光発電所が完成し、1月25日にカトリック大磯教会の南庭で「みんなの発電所」点灯式が行われた。

 大磯エネシフトは2013年に発足。「3万人の町からエネルギーシフト」をスローガンに大磯町内での「市民発電所」設置に取り組み、昨年4月には町内のマンション屋上に第1号発電所を設け稼働させた。

 第2号発電所は教会敷地内に太陽光パネル56枚を設置。年間発電量は約1万5千KWh(キロワット時)、約4世帯分相当を予測しているという。売電収入は年間528042円と試算。売電収入の一部で福島の子どもたちの保養企画へ支援を行い、原子力発電所に頼らない再生可能エネルギーへの転換を進めることを目指している。総事業費は約550万円。資金は寄付、地域の金融機関からの融資などで調達した。

 点灯式には中崎久雄大磯町長ら町関係者、大磯エネシフトのメンバー、支援者、発電所の設計・施工事業者など約50人が参加。岡部理事長が太陽光パネル脇に付けた電燈にスイッチオンすると大きな拍手と歓声が沸いた。その後は太陽光発電を接続したメーカーでコーヒーを作り、味わった。

 「感謝の気持ちでいっぱいです」と涙ぐみながら挨拶した岡部理事長は、昨年急逝したメンバーの舩橋晴俊さん(法政大学教授・原子力市民委員会前座長)のことに触れ「遺志を継いでがんばっていきたい」と話した。同会は今後も環境とエネルギーをテーマに講演会活動等を行う予定。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

安全な地域づくりに貢献

安全な地域づくりに貢献 社会

防犯功労の5個人・3団体

10月23日号

「大磯マコモ」お墨付き

「大磯マコモ」お墨付き 経済

県のブランド品に登録

10月23日号

小倉美乃さん全国へ

小倉美乃さん全国へ 社会

高校生英語弁論大会に出場

10月16日号

ほのかな香り楽しんで

大磯町商工会女性部

ほのかな香り楽しんで 経済

摘果ミカンで柔軟剤開発

10月16日号

ホテル跡地1億円購入へ

ホテル跡地1億円購入へ 政治

二宮町「営業阻止・将来に活用」

10月9日号

相互理解の大切さ伝える

二宮高校

相互理解の大切さ伝える 教育

西川悟平氏が出前講座

10月9日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

内なる風景 土に写す

内なる風景 土に写す

泉田之也さん陶芸展

10月23日~11月6日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク