大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

大磯町の人材活用講座で貝がらを使った雛人形作りを教える 佐藤 玲子さん 大磯町在住 56歳

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena

アレンジで独創的なモノを

 ○…知識や経験を持つ町民が講師や指導者になる大磯町の人材活用講座で2月18日、25日に講師を務める。教えるのは「貝がらで作るお雛さま」。ホタテやアサリ、ハマグリなど食用の貝にリボンなど布を貼り付け、色を塗り、飾りもしつらえて雛人形に仕上げる。「先生なんて人生で初めて。恥ずかしい、ドキドキします」と茶目っ気ある口調で話し、大きな目を見開く。

 ○…子どもが小学5年生のときにPTAの役員だった仲間が集い、身近なもので手芸を始めたのがきっかけでサークルを結成。延長で町の生涯学習人材バンクに登録した。月に数回集まり、各自思い思いの品を作成。自身が作るのは松かさとマスコット人形を組み合わせたオブジェや洗濯バサミを活かしたメモクリップなどユニークな品々だ。「お手本の製作本を見ていても、そのまま作るのじゃどうしても満足できないの。なんでもアレンジを加えるのが好き」。料理も同様で、近所の人や友人におすそ分けした惣菜に驚かれることがしばしばという。

 ○…新潟で生まれ、小学校1年生のときに大磯町へ。大工だった父が見込んだ仕入れ先の男性と結婚し一時東京に移り住んだが、子どもが生まれる同時期に大磯に戻ってきた。家事、育児のかたわら会社員や知的障害者施設の職員などを経験し、現在は介護ヘルパー、衣料品の訪問販売スタッフとして働く。「好きなことをやっているから毎日楽しい。ヘルパーで伺う先でも、文句ばかりだった方が『あんたがうるさいからしょうがない』と仲良くしてくれたり。物ごと好きじゃないと続かない」ときっぱり言い笑う。

 ○…4人の孫たちは”ばあば”が大好きとか。「家事を放り出して、全力で一緒に遊んじゃうからかしらね」。取材先でも同席した友人たちから慕われている様子が伝わる。「みんなの支えがありがたいです」と目じりを下げ、幸せそうに微笑んだ。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

内山 徹さん

大磯で約10年ぶりの個展を開く日本画家の

内山 徹さん

茅ヶ崎市在住 56歳

10月23日号

吉竹 祐子さん

くりひょうたん。の作家名で活動し、大磯で初の個展を開く

吉竹 祐子さん

茅ヶ崎市在住 47歳

10月16日号

和田 剛(たけし)さん

神奈川県自動車整備・商工組合足柄支部支部長を務める

和田 剛(たけし)さん

南足柄市在住 48歳

10月9日号

加藤 晴枝さん

元麻布ギャラリー平塚で日本画の個展を開く

加藤 晴枝さん

大磯町大磯在住 77歳

10月2日号

山本 新吾さん

元自衛官の経験を生かして大磯町の防災力向上に取り組む

山本 新吾さん

大磯町国府本郷在住 55歳

9月25日号

坂本 里沙子さん

ピアニストで、モスクワ音楽院の留学経験を記した本を出版した

坂本 里沙子さん

大磯中学校出身 26歳

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

内なる風景 土に写す

内なる風景 土に写す

泉田之也さん陶芸展

10月23日~11月6日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク