大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

高齢者向け健康教室 「運動機能向上に効果」  大磯町が検証報告

社会

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena
取り組みの成果を報告する中崎町長(写真中央)
取り組みの成果を報告する中崎町長(写真中央)

 大磯町は、東海大学体育学部生涯スポーツ学科(平塚市)と医療機器・材料メーカーのアルケア(東京都墨田区)との産官学連携で実施した高齢者向け健康増進事業「おおいそアンチロコモ教室」の検証報告を行った。半年間にわたる月1回の教室参加と日頃の運動習慣によって「参加者の約84%が、下肢筋力が向上した」などの効果を得られたという。

 23日に平塚記者クラブで3者が報告会見を開いた。

 検証によると、参加者の85%にあたる100人超が同教室を継続。6カ月後の運動機能を数値で見る立ち上がりテストでは61・6%(69人)が向上、35・7%(40人)が維持、低下は2・7%(3人)だった。足腰の衰えに関わる下肢筋力は86・6%(97人)が向上・維持していた。また、毎日の運動や歩数を記録手帳につけることで「健康意識が上がり、運動量が増えた」「健康意識が上がった」と答えた人が95・8%いた。

 運動プログラムの考案やデータ解析にあたった同学科の中村豊教授は「『ときどき学び、日々努力し、日々振り返り、ときどきチェック』のサイクルが参加者の健康意識を高め、運動効果を生むことが確認できた」と報告。町民の健康寿命の延伸を目指す中崎久雄町長は「県の先進的な取り組みである『未病』対策を産官学で実行することができた。これからが本番。広く町民に知ってもらう方法を考えたい」と述べた。

 アンチロコモ教室は昨年9月から今年2月まで町内2会場で開催。月1回の教室では保健師らによる健康講話、下肢に特化した運動、下肢筋力測定、学生を交えたレクリエーションを行った。参加者に体操の回数と歩数、体重を記録する手帳と活動量計を配布し、日頃から運動する習慣をつけてもらうよう指導。139人の応募があり、開始時と最終回に8項目の運動機能評価を受けた112人のデータを分析した。参加者の年齢は53歳〜87歳。平均年齢は69・4歳だった。

【ロコモ=ロコモティブシンドロームの略】筋肉や骨などの運動器の障害により移動機能の低下をきたした状態のこと。進行すると要介護になるリスクが高まる。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

12年に1度の御開帳

相模新西国三十三観音

12年に1度の御開帳 文化

御朱印の拝領も

4月9日号

2つの新施設が始動

大磯港

2つの新施設が始動 経済

賑わい創出の拠点めざす

4月9日号

自作の里山マップを公開

自作の里山マップを公開 社会

大磯在住 オダギリミホさん

4月2日号

姉妹都市との絆つなぐ

大磯町

姉妹都市との絆つなぐ 社会

キャンプ座間司令官が訪問

4月2日号

副読本をデジタル化

小学校教科書

副読本をデジタル化 教育

沖田さんが大磯町に寄贈

3月26日号

空き家再生の人材を育成

大磯町

空き家再生の人材を育成 経済

事業運営や支援方法を習得

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter