大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

まちづくりに取り組む(一社)あしがら青年会議所の理事長を務める 露木 尚徳さん 山北町在住 38歳

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

自然体で周囲を笑顔に

 ○…こちらまでつられてしまうような笑顔が印象的。足柄地域1市5町の若手が集う「一般社団法人あしがら青年会議所」の32代目理事長に就任し、新年度スローガンに『Enjoy』を掲げた。「周囲を笑顔にしたいなら、まずは自分たちが楽しまないと」。ポジティブな言葉の根底には、ある思いが込められている。

 ○…山北町出身。3年前まで福島県郡山市で呉服店を経営していた。着物を扱う会社から32歳で独立し、事業が軌道に乗りかけた、まさにその時に東日本大震災を経験した。「この世の終わりだと思った。余震などで数カ月営業ができず、海沿いでは多くの人が亡くなった」。この時から「人生は一度きり。毎日を大切に、心の底から楽しまないといけない」という思いを強く意識するようになった。

 ○…3年前に実家に戻り、地元で120年続く家業の「露木勝兵ヱ商店」を継いだ。明治時代の米穀店から始まり、現在では生鮮食品なども揃うスーパーとして親しまれている同店。「お年寄りが多い地域なので、これから商品の配達などがより必要になってくる。地域に密着した店として、できる限りのことをして役立っていきたい」。老舗の4代目として、地域の将来を真剣に見据える。

 ○…近年、「育った地域をもっと良くしたい・盛りあげたい」という気持ちがわきあがってきた。まちづくりに取り組む青年会議所の門を叩いた理由もそこにある。新たなかじ取り役として、他のまちづくり団体との連携にも一層力を入れていく考えだ。「そこに新たな気づきがあるかもしれない。皆でやれば、より良いものができるはず」。新規事業を尋ねると「まだ構想の段階だけど」と前置きし『子どもダンス大会』を挙げた。

 ○…2児の父。近年、家族や仲間と囲むバーベキューの回数が増えてきている。「皆で集まってワイワイやるのが何より楽しい」。人を惹きつけ、どこまでも自然体で周囲を笑顔にしていく。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

数田 俊樹さん

平塚・大磯・二宮をエリアとする平塚青年会議所(平塚JC)の第62代理事長に就任した

数田 俊樹さん

平塚市在住 37歳

1月24日号

西山 千鶴子さん

「Ocarina なのはな Festival」の実行委員会代表を務める

西山 千鶴子さん

二宮町山西在住 72歳

1月17日号

鈴木 敬太さん

1月1日付であしがらJCの理事長に就任した

鈴木 敬太さん

開成町在住 35歳

1月10日号

金子 航大さん

移動スーパー「とくし丸」を走らせる

金子 航大さん

中井町田中在住 23歳

12月20日号

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

町村監査功労者表彰を受けた

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

中井町雑色在住 69歳

12月13日号

小泉 孝之さん

お囃子の保存や太鼓演奏による健康増進に取り組む

小泉 孝之さん

二宮町二宮在住 80歳

12月6日号

佐藤 安満さん

おおいそ文化祭の運営委員長を務める

佐藤 安満さん

大磯町大磯在住 76歳

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第37回「吉田茂【4】」文・武井久江

    1月24日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク