大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

学生ソフトテニスで躍進する 和田 夏実さん 大磯町東小磯在住 大学3年

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena

伸び伸びと試合に挑む

 ○…「試合が好き」。はつらつとそう断言する。昨シーズンは関東オープン大会で個人ペア優勝、全日本大学対抗選手権大会団体戦3位、全日本学生選抜インドア選手権大会ペア準優勝など優秀な成績を残した。今季は個人戦と団体戦でさらに上の結果を出すことが目標。「無名だった私たちに対する周囲の見る目が変わって追われる立場になっても、試合では常に向かっていきたい」と意欲的だ。

 ○…大学対抗で日本一に立ったことも数ある、1936年創部の青山学院大学ソフトテニス部に所属。「学生の本分は学業」とわきまえ、練習は講義のない日と土日に週3〜4日。渋谷のキャンパスとは別の相模原のグラウンドへ通う。中学高校時代に比べると練習時間は減ったそうだが、「今のペースや練習の内容、質が丁度合っている」と余裕を持って自身を見つめる。女子部員7人という少数精鋭所帯に「新入部員を増やしたいですね。上級生と下級生の仲が良いのが特徴」と微笑む。

 ○…ソフトテニスを始めたのは小学3年生の時。家の向かいの大磯中学校でスポーツ少年団が練習しているのを見て興味が湧いた。父は野球、母は実業団にいたバレーボール選手。「親を超えるのは難しい」。そんな思いもよぎり、別の競技を選択したそう。大磯ジュニアを経て、大磯中学と相洋高校時代は部活動に打ち込んだ。早朝に家を出て帰宅は夜。ハードな練習にも「厳しいのは当たり前。やめたいと考えたことはなかった」。自ら選んで始めた道。投げ出さず、努力し続ける姿勢はいつの間にか両親から学んでいたようだ。関東大会やインターハイに出場し、活躍した。

 ○…経営学を専攻する3年生。勉学にソフトテニスにアルバイトと充実した日々を過ごしている様子が瞳の力強さに表れる。卒業後の進路は考え中だが、「体を動かすこと、スポーツはずっと続けたい」。妹弟も含めてスポーツ一家の元気娘。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

中田 好一(よしかず)さん

松田警察署の署長に就任した

中田 好一(よしかず)さん

松田町在住 53歳

5月24日号

森 喜久枝さん

着物を洋服にリメイクし、初の作品展を開いた

森 喜久枝さん

小田原市在住 70歳

5月17日号

浅野 重人さん

ラフティング世界大会に出場するチーム・テイケイで監督を務める

浅野 重人さん

大磯町高麗在住 45歳

5月1日号

清水 浩三さん

湘南NPOサポートセンターで、メインライターとして市民活動を取材する

清水 浩三さん

平塚市日向岡在住 66歳

4月25日号

阪上 正信さん

二宮町移住8年を記念して初の個展を開く

阪上 正信さん

二宮町百合が丘在住 69歳

4月19日号

川口 博幸さん

3月13日付で大磯警察署長に就いた

川口 博幸さん

59歳

4月12日号

淺井 桂子さん(雅号:淺井霧峰)

ラディアンで水墨画教室の作品展を開く

淺井 桂子さん(雅号:淺井霧峰)

二宮町富士見が丘在住 81歳

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第22回「加藤高明【2】」文・武井久江

    5月24日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク