大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

大磯の古刹に新しい顔 「650年の法燈守る」と決意

文化

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena
入場する新住職の熊澤吏樹氏(中央)
入場する新住職の熊澤吏樹氏(中央)

 大磯町の福聚山妙輪寺(大磯1582)で4月3日、新しい住職を迎える入寺式が開かれた。同寺は開山650年以上を誇る日蓮宗の古刹。当日は県内各地から駆けつけた住職や檀信徒らが見守る中、允許(いんきょ)状授与などの法要が行われた。

 第70世住職に就任した熊澤吏樹氏(39)は9歳で米国のハワイに渡り、大学医学部で6年間学んだ後、中国北京でも3年間、東洋医学の研修に携わった。その後、2013年5月に先代住職の父・熊澤海樹氏が逝去。しばらく隆安寺住職の山中秀海氏が代務住職を務めていたが、吏樹氏が今年1月に身延山で住職認証式を終えたことを受け、同寺総代らの推挙の下、新住職へ就任する運びになったという。

 当日は龍笛が響き渡る厳かな雰囲気の中、新住職一行が同寺に入場。本堂で入寺式(住職就任式)が執り行われ、決意表明にあたる奉告文(ぶこうもん)などが読み上げられた。

 あいさつに立った吏樹氏は「650年以上続く妙輪寺の法燈を絶やさないよう、若輩ながら頑張っていきたい」と、新住職としての抱負を述べた。

 同寺は1357年4月に開堂され、江戸時代には徳川御三家である紀州家の姫が度々宿泊。江戸城の奥女中らも参詣したといわれている。1836年には火事で建物の大半が焼失。現在の本堂は明治時代に入って再建されたものだという。

本堂で実施された入寺式の模様。新住職への引き継ぎも行われた
本堂で実施された入寺式の模様。新住職への引き継ぎも行われた

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

ハザードマップ多言語化

ハザードマップ多言語化 社会

中井町 外国人へ防災情報

11月26日号

新名物なるか「大磯早ずし」

新名物なるか「大磯早ずし」 経済

未利用食材を有効活用

11月26日号

交流食堂へピザ提供

交流食堂へピザ提供 社会

ピザーラが地域貢献

11月19日号

美郷町と地域活性化協定

大磯町

美郷町と地域活性化協定 経済

鳥獣害対策を機に連携

11月19日号

河川プラごみ 空から発見

河川プラごみ 空から発見 社会

不法投棄対策にドローン

11月12日号

2年ぶり 大地震想定訓練

大磯町

2年ぶり 大地震想定訓練 社会

ワクチン接種会場でも

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ブルボンヌさんが講演

ブルボンヌさんが講演

人権テーマに中井町で

12月4日~12月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook