大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

第3回湘南フラガーデン2015のプロデューサーを務める 米澤松文(まつふみ)さん 平塚市在住 64歳

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena

湘南で「音の輪」広げる

 ○…県内外のフラチームが共演する「湘南フラガーデン」(5月3日・4日)を3年前に立ち上げ、湘南のフラ文化醸成に一役買うイベント仕掛け人。「ダンスや音楽を通して、まちの活性化につなげたい」と、今年は約50団体に協力を募った。ハワイアンフードやフラショップも出店し、会場の湘南海岸公園をフラ一色に染める。

 〇…楽器販売や企画・音響などを手掛ける本業が縁で、10年以上前からフラのイベントに携わる。愛好者の年齢層が高かった昔と比べ、子どもからお年寄りまで幅広い世代がフラを楽しむ時代。「親子3代で踊る人もいるほど。誰でも気軽に楽しめるのがフラの魅力だね」と笑顔を見せる。多くの団体を集めるフェスの企画は骨が折れるが、「たくさんの人に発表の機会を与えたいから」と寸暇を惜しんで奔走する。

 〇…バイオリンやハーモニカを演奏する父の影響で、幼い頃から楽器に親しんだ。中学生時代、プラモデルと交換して手に入れた友人のギターは思い出の品。「バンドを組んで楽器を持つだけで女の子にもてちゃうんだから」と、多くの「団塊おやじ」がのめり込んだ音楽と共に青春時代を駆け抜けた。20代はヨーロッパやインドを放浪。異国での見聞が、「音」に対する考えを変えたという。「ロンドンのディスコで流れていた音がものすごく心地良かったな。帰国後に都内のクラブで聴いた音は、うるさいだけで全然パワーがない」。ステージと観客席をつなぐ音響の大切さを、身をもって痛感した瞬間だった。

 〇…経営する楽器店では、多彩なジャンルの音楽教室を開く。かつてのように楽器が飛ぶように売れる時代ではなくなったが、新たに音楽を始めようとする人の挑戦が嬉しいという。「楽器は何歳になっても演奏できる。若い頃から続けていれば、きっと人生を謳歌できるんじゃないかな」という言葉は、音楽に惚れた自身の経験談だ。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

府川 龍三さん

シェアキッチンを通じて、地域コミュニティの醸成に取り組む

府川 龍三さん

大磯町在住 41歳

10月15日号

藤井 兼弘さん

大磯で5年ぶりに油彩画の個展を開く

藤井 兼弘さん

大磯町国府本郷在住 84歳

10月8日号

仲手川 茂さん

国土交通大臣表彰を受賞した「湘南の森」の会長を務める

仲手川 茂さん

大磯町高麗在住 73歳

10月1日号

三枝(みえだ) 公一さん

一般社団法人いつでもどうぞ代表理事で「よろず無料相談」を行っている

三枝(みえだ) 公一さん

二宮町山西在住 54歳

9月17日号

宮下 啓一さん

湘南二宮竹の会の会長を務める

宮下 啓一さん

二宮町緑が丘在住 73歳

9月3日号

関野 茂司さん

社会福祉法人二宮町社会福祉協議会の会長に就任した

関野 茂司さん

二宮町富士見が丘在住 66歳

8月27日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook