大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

アトリエ兼自宅を他作家の個展会場として開放している 朝比奈 賢さん 大磯町東小磯在住 40歳

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena

自分らしく表現して欲しい

 ○…現代美術作家として創作活動する傍らで、7月から月替わりで、大磯町にあるアトリエ兼自宅の和室を他作家の個展会場として開放。活躍が期待される作家たちの作品を展示し、活動のアシストを始めた。「自分の作品を飾るだけでは空間に広がりがありません。色々な作家にこの空間を使ってもらうことで新鮮味が生まれ、活性化して行けます。訪れた方々とのつながりの場としても活かしていけます」と、この試みをスタートさせた動機を話す。今年3月にオープンさせた『大磯アートハウス』では、月に2回ペースで地域の児童や園児らを対象にしたワークショップを開催。童話作家の詩を題材にして声質から受ける印象を好きな色で表現し、仕上がった作品をプレゼントし合う手法の朗読会なども行っているという。「今の社会は子どもたちにとって厳しい情況にあると思います。与えられた学習をこなしていくだけではなく、自分たちにあった表現手段を発見して欲しい。これは大人たちにも通じることだと考えます」

 ○…昭和49年に名古屋市で生まれ、その後、高校卒業までを茨城県つくば市で過ごす。横浜国立大学進学を機に横浜市へ。大学では建築を学んだ。卒業後は進路に悩み、数々のアルバイトを経験しながら読書に没頭。ロマン・ロランやトルストイの作品にのめり込み、これが芸術の道を志すきっかけに。動物園に通い、ひたすらデッサンを描き続ける日々を重ねた。絵を描くことは子どもの頃から好きだったそうだが、「悪い意味で”いい子ちゃん”でしたから、自分の欲求にふたをして自分を押し殺していた少年だった」と語る。「だからこそ、今の子どもたちには自由な表現を持っていて欲しいと実感できるのだと思います」

 ○…「文化の蓄積ができる街になればいいなと思います。次世代へとつないでいくため、受け継ぎ、引き継いでいく活動を今後も続けていきたいですね」

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

黒澤 保さん

平塚理容組合の支部長を務める

黒澤 保さん

平塚市在住 55歳

6月11日号

山崎 貴裕さん

東京2020オリンピック聖火リレーのランナーを務める

山崎 貴裕さん

二宮町中里在住 25歳

6月4日号

久保 徹さん

平塚市・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町を所管する県平塚土木事務所の所長に就任した

久保 徹さん

平塚市出身 59歳

5月28日号

後藤 恵一さん

聖火リレーのランナーとして大磯区間を走る

後藤 恵一さん

大磯町国府新宿在住 62歳

5月21日号

竹村 洋治郎さん

4月1日付で湘南地域県政総合センターの所長に就任した

竹村 洋治郎さん

58歳

5月14日号

山口 政則さん

松田警察署長に就任した

山口 政則さん

松田町在住 58歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter