大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

大磯警察署 庁舎建替え始まる 17年2月完成予定

社会

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena
アスファルトが剥がされた新庁舎の建設地
アスファルトが剥がされた新庁舎の建設地

 老朽化している大磯警察署の建替え工事が始まった。同署敷地内の中庭だったところに新庁舎を整備する。待合スペースや駐車場を拡充して行政サービスの向上を図るほか、災害時の応急活動拠点としての機能を強化させる。完成予定は2017年2月。

 新しい庁舎はエレベーター付き地上4階建。床面積約3千平方メートル。今の庁舎に比べて約2・5倍の広さになる。1階に窓口待合スペースや交通課、会計課など、4階に講堂と道場を設ける。窓口待合スペースと来庁者用の駐車場を広げ、駐輪場とオートバイ置場も新たに用意する。また、環境と省エネルギーに配慮。庁舎と車庫棟の屋上に太陽光パネルを設置する。災害時でも必要最小限の電力を確保することが可能になるという。

 3階建の現庁舎は1972年3月に建てられてから43年が経過した。老朽化が著しく、大規模な地震に対する耐震性が懸念されている。当時は73人だった署員数が110人を超え、施設が手狭になったこともあり、13年度から新庁舎の調査基本設計が進められた。

 現在は車庫棟の撤去が終わり、中庭を更地にする工事をしている。8月から地面を掘り、埋蔵文化財があるかどうかを確認する。埋蔵物がなければ12月に新築工事に着手、17年2月の完成を目指す。新庁舎での業務を3月に開始し、既存庁舎の解体工事を行う。新しい車庫棟と来庁者用駐車場、外構なども含めた全ての工事が完了するのは10月の予定だ。工事費用は約17億600万円。

 建替え工事にともない駐車場が狭くなったため、同署では「しばらくの間、ご面倒をかけますが、来庁の際には公共交通機関を利用するなどして協力をお願いします」と話す。

 神奈川県下にある警察署は54署。県は、耐震力が不足または老朽化している警察署の耐震補強や建替えを進めている。今年1月に松田警察署の建替えに着工した。16年度完成予定。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

12年に1度の御開帳

相模新西国三十三観音

12年に1度の御開帳 文化

御朱印の拝領も

4月9日号

2つの新施設が始動

大磯港

2つの新施設が始動 経済

賑わい創出の拠点めざす

4月9日号

自作の里山マップを公開

自作の里山マップを公開 社会

大磯在住 オダギリミホさん

4月2日号

姉妹都市との絆つなぐ

大磯町

姉妹都市との絆つなぐ 社会

キャンプ座間司令官が訪問

4月2日号

副読本をデジタル化

小学校教科書

副読本をデジタル化 教育

沖田さんが大磯町に寄贈

3月26日号

空き家再生の人材を育成

大磯町

空き家再生の人材を育成 経済

事業運営や支援方法を習得

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

温かな彫刻30点

温かな彫刻30点

渋谷武美さんの小品展

4月2日~4月12日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク