大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年10月30日号
  • googleplus
  • LINE

「給料」手に消費活動体験 大磯小児童150人が参加

教育

ブースで社会の仕組みを学ぶ児童たち
ブースで社会の仕組みを学ぶ児童たち
 大磯町の小学生が色々な仕事を体験し、社会の仕組みを学ぶイベントが10月25日、大磯小学校で開催された。「ぷちおおいそ」と名付けられたこのイベントは、平塚青年会議所が主体となって行われている事業の一環。当日は大磯小学校の児童ら150人余りが参加し、職探しから給料を受け取るまでの流れを学んだ。

 参加した児童たちは、同校4年生〜6年生の中から選抜された子どもリーダーの下、「働き手」と「買い手」に分かれて仮想の町を形成。会場の1つになった同校体育館内には「町役場」や「ハローワーク」「銀行」などのブースも設置され、児童たちは町民証や職業カードなどを発行された後に仕事を開始した。

 会場内に設けられたブースは花屋や焼き鳥店、介護サービス、マッサージ、ネイルサロンなど様々。運動場には警察や消防などの体験ブースも用意された。

 各ブースで仕事をすると、20分ごとに給料が発生。就業終了後、「働き手」の児童たちは『ぷち』を通貨単位とした給料の総額から税金10%が差し引かれた報酬を「銀行」で受け取っていた。『ぷち』通貨を手にした児童たちは、今度は「買い手」に。各ブースを回り、『ぷち』通貨を使っての消費活動も体験した。

 同イベントの開催に当たっては、大磯町内ほかで実際に事業を営む店舗や団体等が協力。子どもリーダーを対象にした子ども会議は全3回開かれている。

ボードに貼り出された求人広告
ボードに貼り出された求人広告

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康づくりに汗かこう

健康づくりに汗かこう

中井町 マラソン参加者募集

3月4日~3月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク