大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年1月8日号 エリアトップへ

社会に貢献する人材に 二宮町 成人祝賀会実行委員長 古澤優樹さん

社会

掲載号:2016年1月8日号

  • LINE
  • hatena
教育学部の学生。母校で教育実習をする予定だという
教育学部の学生。母校で教育実習をする予定だという

 成人の日を記念して実施されるイベントを前に、大磯・二宮・中井町の各実行委員会委員長に登場してもらい、大人の仲間入りを果たす現在の心境などについて聞いてみた。

 Q【1】どのような成人式にしたいですか?
 Q【2】これまでどのようなことに打ち込んできましたか?
 Q【3】20歳の抱負は?

 A【1】例年通り懇親会があります。久しぶりに再会する同級生と弾む話ができることを楽しみにしています。

 A【2】小学1年から二宮大磯リトルリーグで野球を始め、高校まで続けました。当時、高校野球部でコーチをしてくれた大学生で、今は青年海外協力隊員として活躍している先輩に倣い、母校の二宮中学でコーチをしています。中学の数学教師を目指し、予備校で講師のアルバイトも。数学が苦手な子にも数学の面白さや、勉強は試験のためだけではなく生きる上で意義のあることを伝えたいです。

 A【3】社会に貢献する人材になり、そのような人を育てていくことです。地域もより良くなると思います。母に頼りっきりだった家事をするようになりました。
 

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

「助け合いに役立てて」

「助け合いに役立てて」 社会

二宮ライオンズが寄付

1月14日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

1月14日号

まちかど事件簿

丹精込めた洋蘭ズラリ

丹精込めた洋蘭ズラリ 文化

チャリティー販売も

1月14日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月14日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook