大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年1月8日号 エリアトップへ

新島襄の遺徳偲ぶ碑前祭 講演会やコンサートも

文化

掲載号:2016年1月8日号

  • LINE
  • hatena
新島門下生らによって建立された終焉の地碑
新島門下生らによって建立された終焉の地碑

 大磯町ゆかりの教育家・新島襄の終焉の地碑前祭(主催/学校法人同志社、後援/大磯町ほか)が、今年も命日にあたる1月23日(土)に同町内の終焉之地碑庭園で行われる。当日は一般も入場できる講演会やコンサートも聖ステパノ学園海の見えるホールで開催(入場無料)。同志社大学設立準備の途上、大磯の地で生涯を閉じた新島の遺徳を偲ぶ。

 病に倒れた新島襄は1889(明治22)年12月28日から、大磯海岸に近い百足屋(むかでや)旅館の別館・愛松園で療養を開始。翌年1月20日には危篤に陥り、同月23日に46歳11カ月で生涯を閉じた。その後、新島の門下生らが1940(昭和15)年に旧百足屋敷地内に碑を建立。その際、愛弟子の徳富蘇峰が碑文をしたためている。

 碑前祭は午後2時20分から始められ、同志社大学の村田晃嗣学長の式辞や中崎久雄大磯町長らのあいさつを予定。町詩吟連盟のメンバーが詩吟・和歌などを披露し、最後に卒業生団体代表者らで献花を行うことになっている。

 地域交流講演会&コンサートは午後3時15分からスタート。「新島襄と終焉の地大磯」をテーマに、同志社社史資料センター社史資料調査員の小枝弘和氏が講師を務め、新島が残した資料や妻の八重が詠んだ和歌などを紹介しながら、夫妻にとって大磯とはどのような場所だったのかを探っていくという。午後4時に開演されるコンサートは、1976年に同大学商学部を卒業したシンガーソングライターの伊藤誠氏が出演。事前申し込み不要で、先着入場順に200人まで観覧することができる。詳しくは同志社校友会神奈川県支部の竹村支部長【携帯電話】090・6794・3215。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

大磯を地方創生モデルに

大磯を地方創生モデルに 経済

民間主導で新規事業検討

10月11日号

再生棚田に実りの秋

再生棚田に実りの秋 経済

二宮の有志 吾妻山麓に沢も復元

10月11日号

3選手に県大会メダル

3選手に県大会メダル スポーツ

二宮剣道部の吉田兄妹ら

10月4日号

歴史と文化を再発見

歴史と文化を再発見 社会

大磯でスタンプラリー

10月4日号

駅前整備に懸念の声

駅前整備に懸念の声 政治

大磯 町民説明会が紛糾

9月27日号

10月に加入義務化

自転車保険

10月に加入義務化 社会

1億円の高額賠償事例も

9月27日号

大磯の昆虫 3千種ズラリ

国府新宿在住渡辺康生さん

大磯の昆虫 3千種ズラリ 社会

図書館で40年超の成果披露

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「令和」生まれの中井育ち

「令和」生まれの中井育ち

稲実る田んぼアート見ごろ

11月9日~11月9日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク