大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

10年間の軌跡詩集につづる 二宮町の門田さん出版

文化

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
詩集『日日』を手にする門田さん
詩集『日日』を手にする門田さん

 二宮町在住の門田由美さんが詩集『日日』(印刷/タウンニュース社)を出版した。1995年から2006年までに書き溜めた作品を1冊にまとめた。「センチメンタル・シンク」「エプロン」「山鳩の啼く日」「百日紅」などと題した29編を収録している。

 門田さんは大学時代に詩人の故高田敏子さんの講演を聞いて感銘を受け、高田さんが主宰する詩誌「野火」に入会。18年間在籍した。「詩は感情で書くものではない。観察して書くもの」と指導を受けたという。「『お母さん詩人』と呼ばれましたが、芯が強く、厳しさのある先生でした」

 結婚後はカルチャーセンターなどで詩を学び、同人誌に所属。50代で息子たちの独立と親の介護、自身の心身の変調が重なった時期も詩の創作から離れることはなかった。

 常にノートを持ち歩き、思い浮かんだ言葉をつづる。生涯学習センターラディアンのエントランスが、お気に入りの場所だ。「そこに座ると、木が見えるのが好きなんです」。「優しい言葉で優しく書き、内容は深い詩」を理想としている。

 毎日を丁寧に生きることを心がける。『日日』の作品ではそんな日常を描いた。「(詩集は)およそ10年間の私の軌跡です。ライフワークとして詩を一生書き続けたい」と門田さん。

 著書に家族の協力で手作りした『私の朝』『ノー・メイク』などがある。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

近隣市から参加も

近隣市から参加も 社会

大磯町で体験ツアー

12月3日号

教育委員に末續選手

教育委員に末續選手 政治

大磯町議会 12月定例会

12月3日号

想像力豊かに表現170点

想像力豊かに表現170点 文化

二宮町図書館で子ども作品展

12月3日号

優良農産物を寄付

優良農産物を寄付 経済

二宮町の品評会に111点

12月3日号

NDC教育の成果披露

NDC教育の成果披露 教育

国際的イベントで大磯町

12月3日号

まちかど事件簿

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

輸入生地の小物など展示

輸入生地の小物など展示

木版画家による手仕事作品

12月3日~12月20日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook