大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

二宮町 食べごろ「菜の花ラスク」 文教大生考案 町民会館で販売

経済

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
(写真中央から右に)ラスクを販売する渡邉さん、仙波さん、成見さん
(写真中央から右に)ラスクを販売する渡邉さん、仙波さん、成見さん

 二宮町で見ごろを迎えた早咲きの菜の花をまちおこしにつなげようと、観光土産品「菜の花ラスクはるまち」の販売が23日、JR二宮駅前の町民会館で行われた。文教大学(茅ヶ崎市)の女子学生3人が考案し、町と地域洋菓子店の協力で商品化。吾妻山公園の菜の花を目当てに訪れた観光客などが買い求め、用意した50セットが完売する人気ぶりだ。

 菜の花ラスクを考案したのは、同大学国際観光学科3年生の渡邉菜月さん(20)、成見瑛奈さん(21)、仙波綾音さん(21)。二宮町から依頼を受け、2014年夏ごろから授業の一環として新しい土産品の開発に取り組んできた。

 3人は、毎年11月に行われる「湘南にのみやふるさとまつり」でのアンケートを参考に、「千円未満の菓子」「菜の花を使用したもの」といったイメージを取り入れた土産品を検討。若者にも親しみやすく、日持ちがするラスクを作ろうと決めた。商品開発には洋菓子店「芦の屋」の芦川孝幸さんが協力し、試作を重ねて味の異なる2種類のラスクセットが完成した。

「苦くない」子どもも食べやすく

 ラスクは、菜の花のピューレを使ったフランスパンをホワイトチョコレートで覆い、塩をまぶして味にアクセントを加えた。黄色いチョコレートペンとフキの砂糖漬けで菜の花をあしらったデザインが特徴だ。もう1枚は表面をバターと砂糖で味付けし、シンプルに仕上げた。仙波さんは「菜の花は苦味を嫌う人もいますが、お菓子にしたことで子どもも食べやすいのでは」と話す。

 パッケージに貼るシールは、渡邉さんがデザインしたもの。「ふんわりと柔らかなイメージを出したかった」と、ピンク地に吾妻山公園から望む富士山と菜の花を描いた。

 販売会では、町の地場産品などと並んでブースを設け、3人が接客を体験。町内に住む60代の女性は「見た目がかわいらしくて、菜の花のデザインも春らしいですね」とラスクを買い求めていた。

 二宮町産業振興課の高橋梓さんは「学生のアイデアを取り入れた商品が、若い人たちに向けた町の観光PRにつながれば」と期待を寄せている。

 ラスクの販売は、2月6日・7日にも町民会館で行う。2枚入り300円で限定50セット。時間は午前9時30分〜午後3時30分、売り切れ次第終了。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

ハザードマップ多言語化

ハザードマップ多言語化 社会

中井町 外国人へ防災情報

11月26日号

新名物なるか「大磯早ずし」

新名物なるか「大磯早ずし」 経済

未利用食材を有効活用

11月26日号

交流食堂へピザ提供

交流食堂へピザ提供 社会

ピザーラが地域貢献

11月19日号

美郷町と地域活性化協定

大磯町

美郷町と地域活性化協定 経済

鳥獣害対策を機に連携

11月19日号

河川プラごみ 空から発見

河川プラごみ 空から発見 社会

不法投棄対策にドローン

11月12日号

2年ぶり 大地震想定訓練

大磯町

2年ぶり 大地震想定訓練 社会

ワクチン接種会場でも

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ブルボンヌさんが講演

ブルボンヌさんが講演

人権テーマに中井町で

12月4日~12月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook