大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年2月19日号 エリアトップへ

大磯町でつぼ焼きの焼き芋を販売する 長橋(ちょうはし) 徹さん 平塚市在住 36歳

掲載号:2016年2月19日号

  • LINE
  • hatena

「伝統の味」つぼでじっくり

 ○…住宅地にひっそりと佇むビルの軒先から、風に乗って甘い香りが漂う。正体は、日本人に馴染みの深い秋冬の風物詩「焼き芋」だ。石焼きではなく、大正時代に生まれた「つぼ焼き製法」にこだわる。11月から4月ごろまで営業し、香りにつられて訪れる客たちの心と体を温めている。

 ○…インテリア設計事務所からの転職を考えた際、デザイン力を生かせる仕事を探した。「焼き芋って、どこからともなく売りに来るイメージがあった。そうじゃなくて、産地にこだわりながらデザイン性も取り入れたら、面白いブランディングができると思って」。父の助言からつぼ焼きの存在を知り、昔ながらのつぼを生産する愛知県の工房から試しに1つ購入。子どもがすっぽりと隠れるほどの巨大なつぼで作る焼き芋は、主流の石焼きにはない独特の口当たりが癖になった。

 ○…2008年、つぼ焼きのサツマイモを専門に扱う「やきいも日和」を設立し、平塚市のイベントなどで販売を始めた。オリジナルの包装紙で焼き芋をキャンディーのようにくるむ方法を考案し、品種は甘味の強い「べにはるか」を使う。11年からは、歯科医院を改装した雑居ビル「OISO1668」(大磯町大磯1668)の片隅に店を出す。1日100本以上売れることもあるといい、営業する月曜日と木曜日は寒さを忘れてサツマイモを焼く。

 ○…名刺の肩書きは、焼き芋屋ではなく「焼芋家(か)」。焼き芋を陶芸や盆栽などの芸術作品に見立て、保存普及に取り組もうという思いからだ。現在は星槎湘南大磯キャンパスで高校生に「やきいも学」なる授業を教え、歴史だけでなくサツマイモの栽培、収穫から加工販売を通して6次産業の仕組みを伝える。「焼き芋の販売も授業も、グローバル化の中でそぎ落とされてしまいがちな、日本古来の良さを残したくて続けているんです」。伝統と向き合う芸術家には、大磯の水が良く合った。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

三枝(みえだ) 公一さん

一般社団法人いつでもどうぞ代表理事で「よろず無料相談」を行っている

三枝(みえだ) 公一さん

二宮町山西在住 54歳

9月17日号

宮下 啓一さん

湘南二宮竹の会の会長を務める

宮下 啓一さん

二宮町緑が丘在住 73歳

9月3日号

関野 茂司さん

社会福祉法人二宮町社会福祉協議会の会長に就任した

関野 茂司さん

二宮町富士見が丘在住 66歳

8月27日号

石井 努さん

大磯プリンスホテルボウリングセンターのプロボウラー(プロショップVEGA所属)

石井 努さん

横須賀市在住 49歳

8月20日号

堀 江里香さん

大磯出身のハワイ移民・後藤濶に関する著書を出版した

堀 江里香さん

名古屋市在住

8月13日号

簑島 利文さん

6月23日付で平塚歯科医師会の会長に就任した

簑島 利文さん

大磯町国府新宿在住 68歳

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook