大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年5月5日号 エリアトップへ

相模国府祭 きょう開催 大磯町の神揃山など会場に

文化

掲載号:2016年5月5日号

  • LINE
  • hatena
虎の皮を用いた座問答の様子
虎の皮を用いた座問答の様子

 相模国の6社が参集する相模国府祭(こうのまち)が、5月5日(木)に大磯町で開催される。県の無形民俗文化財に指定され、千年以上の歴史を持つ祭り。神揃山では、川勾神社と寒川神社が相模国一之宮の座を争う様子を儀式化した「座問答」を行う。

 寒川神社(寒川町)、川勾神社(二宮町)、比々多神社(伊勢原市)、前鳥神社と平塚八幡宮(平塚市)、六所神社(大磯町)の6社が集い、現在の県庁にあたる国府庁が置かれた大磯町国府本郷の神揃山、馬場公園、六所神社で様々な神事を執り行う。

 神揃山を会場にした「座問答」は、相武(さがむ)と磯長(しなが)の両国が合併して相模国が成立した際、相武の寒川神社と磯長の川勾神社が一之宮の座を争った長い論争の様子を、虎の皮を用いて儀式化したもの。仲裁に入る比々多神社宮司による、「いずれ明年まで」という言葉で解決するやり取りが恒例となっている。

 馬場公園では、天下泰平を祈願する「鷺の舞」が舟形舞台の上で披露される。平安朝の貴族が酒宴を開く際、庭先の池に浮かべた船の上で歓迎の意を表す舞を踊ったことに由来するもので、県内では大磯町と中井町にしか存在しない貴重な伝統芸能とされる。

 今年は六所神社、川勾神社、平塚八幡宮の大神輿による渡御も予定している。

 主な行事の時間と会場は以下。五社発御祭(午前7時・各社)▽五社奉迎の神事(9時・国府境)▽総社御大祭(9時30分・六所神社)▽五社神揃山御成(10時30分・神揃山)▽五社祭典(11時・同)▽総社大神輿宮立祭典(11時50分・六所神社)▽座問答(正午・神揃山)▽鷺の舞奉納(午後1時30分・馬場公園)▽五社山下り(1時50分・神揃山)▽五社環御(4時・馬場公園)▽総社環御(4時30分・同)▽総社環御祭(5時・六所神社)

 各会場には、JR大磯駅と二宮駅からバスでアクセスできる。最寄りのバス停は、六所神社/国府新宿▽馬場公園・神揃山/大磯プリンスホテル入口。

 問い合わせは大磯町観光協会【電話】0463・61・3300、六所神社【電話】0463・71・3737。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

「第九」大合唱へ集え兄弟

「第九」大合唱へ集え兄弟 文化

ラディアン20周年に全曲初演

1月24日号

100年前の大磯 鮮明に

100年前の大磯 鮮明に 教育

「助役日誌」をウェブ公開

1月24日号

新成人 先輩がおもてなし

新成人 先輩がおもてなし 社会

大磯迎賓舘の二次会

1月17日号

新島襄 没後130周年

新島襄 没後130周年 社会

大磯で碑前祭や講演会

1月17日号

3町612人が門出

3町612人が門出 社会

新成人も祝賀会企画

1月10日号

火の粉舞う 伝統祭事

火の粉舞う 伝統祭事 文化

北浜海岸で「大磯の左義長」

1月10日号

連覇へキックオフ

星槎湘南

連覇へキックオフ スポーツ

全日本高校女子サッカー大会

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第37回「吉田茂【4】」文・武井久江

    1月24日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク