大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

「二宮ジョイフル・ハーモニカ」10周年記念演奏会の実行委員長を務める 品川 充久さん 二宮町中里在住 71歳

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena

10年の集大成奏でる

 ○…曲の調子に合わせて用意する「愛器」の複音ハーモニカが、お手製のケースに何本も並ぶ。演奏では60cmはあろうかという長尺のコード(和音)ハーモニカも担当。「二宮ジョイフル・ハーモニカ」の10周年記念演奏会で実行委員長を務め、演奏面でも運営面でもステージの屋台骨を支えている。

 ○…グループは、二宮町主催の音楽ワークショップに参加した受講生が結成し、現在は26人の会員が練習に励んでいる。「会の名前通り、楽しく和気あいあいと」がモットー。介護施設や病院などでの演奏にも力を入れ、「施設の方が一緒に歌ってくれると嬉しくて」と会員のやりがいにつながっている。東日本大震災後は、所属会員のコーディネートにより被災地での慰問演奏を始めた。今でも年に4回ほど赴き、被災者にひと時の安らぎを届けている。

 ○…半身不随を患った姉の介護に時間を費やす中で、息抜きになればとグループの3周年演奏会に観客として足を運んだ。「ゲストの柳川優子さんが吹くツィゴイネルワイゼンを聴いて、身体の震えが止まらないほど感動したのを覚えています」。演奏のスピードや表現力、音の粒立ち。会場を包む独特の音色に魅せられ、入会を決めた。最初に挑戦した楽曲は、美空ひばりの「みだれ髪」。郷愁を帯びたハーモニカの音色が良く合った。

 ○…10周年の演奏会は、手作りのコンサートがコンセプトだ。「素人なんだから、みんなで力を合わせてやっていこう」と、3つのグループに分かれて選曲や演奏方法を決め、10年間の歩みを披露する。「誰でも気軽に演奏できるのに、くわえ方や息の吹き方で様々な音が出せる。奥深い楽器です」。肺活量がものをいうハーモニカの演奏を続けるため、たばこは2年前にやめた。50代〜60代の若いメンバー加入を渇望しながらも、5年、10年先の周年演奏会でステージに立ち続けたいと願う。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

山本 新吾さん

元自衛官の経験を生かして大磯町の防災力向上に取り組む

山本 新吾さん

大磯町国府本郷在住 55歳

9月25日号

坂本 里沙子さん

ピアニストで、モスクワ音楽院の留学経験を記した本を出版した

坂本 里沙子さん

大磯中学校出身 26歳

9月18日号

小野岡 圭太さん

大磯で製造・販売する大豆発酵食品で貧困国支援に取り組む

小野岡 圭太さん

Shonan Soy Studio代表 30歳

9月11日号

永井 等さん

大磯町のギャラリーさざれ石で絵画展を開く

永井 等さん

湯河原町在住 52歳

9月4日号

春田 奈緒美さん

大磯町国際交流協会の会長に就任した

春田 奈緒美さん

大磯町大磯在住

8月28日号

久保田 英男さん

国際ロータリー第2780地区ガバナーに就任した

久保田 英男さん

鎌倉市在住 59歳

8月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    大磯歴史語り

    〈財閥編〉第2回「岩崎弥之助(弥太郎)」 文・武井久江

    9月25日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク