大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

「湘南遺産」に鴫立庵など 茅ヶ崎市のNPO 9件選定

文化

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena
選定発表会の様子
選定発表会の様子

 相模湾沿岸の自然や観光などを「湘南遺産」に選定するプロジェクトの主催団体が19日、候補に挙がっていた9件を第1回目の湘南遺産に登録した。大磯町からは、鴫立庵と左義長の2件が選ばれた。

 茅ヶ崎市のNPO法人湘南遺産プロジェクト(西村智之代表)が、歴史や自然、産業、芸能といったカテゴリーを設け、湘南遺産にふさわしい候補の推薦を歴史的建造物や伝統芸能の保存会、地域の観光団体などに呼びかけた。

 初の試みとなった今回は、大磯町の「左義長」と「鴫立庵」をはじめ、茅ヶ崎市からは「烏帽子岩」、明治期に建築された療養所の「南湖院」、藤沢市からは「旧モーガン邸」、古民家の「蔵まえギャラリー」、約800年前に京都から伝えられたとされる「湯立神楽」など9件がエントリー。5月1日から6月15日まで、プロジェクトのホームページ上で投票を実施した。

 投票結果は、トップの烏帽子岩が861票、2位は藤沢市で2012年に始まった「ちょい呑みフェスティバル」の800票、3位は南湖院の771票だった。鴫立庵は4位で753票、5位に左義長(685票)が入った。

 同法人は、年1回程度のペースで湘南遺産の選定を重ねていくという。各推薦団体と連携して、ガイドブックの作成や「湘南遺産めぐり」といった事業展開も進める。西村代表は、「推薦をいただいた団体からは湘南遺産に寄せる熱いメッセージをいただき、これからの活動への期待と責任にあらためて気が引き締まる思いです」と話している。

 大磯町の2件を推薦したNPO法人大磯だいすき倶楽部の富山昇さんは、「左義長は長い歴史を持ち、倶楽部としても支援していたのでエントリーを決めた。鴫立庵は、大磯が湘南発祥の地であることを知ってもらえる場所としてふさわしいと思った」と話す。今後は、国府祭(こうのまち)や大磯市など町ゆかりの行事も候補に推薦し、観光PRにつなげたいという。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

12年に1度の御開帳

相模新西国三十三観音

12年に1度の御開帳 文化

御朱印の拝領も

4月9日号

2つの新施設が始動

大磯港

2つの新施設が始動 経済

賑わい創出の拠点めざす

4月9日号

自作の里山マップを公開

自作の里山マップを公開 社会

大磯在住 オダギリミホさん

4月2日号

姉妹都市との絆つなぐ

大磯町

姉妹都市との絆つなぐ 社会

キャンプ座間司令官が訪問

4月2日号

副読本をデジタル化

小学校教科書

副読本をデジタル化 教育

沖田さんが大磯町に寄贈

3月26日号

空き家再生の人材を育成

大磯町

空き家再生の人材を育成 経済

事業運営や支援方法を習得

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter