大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

下水道料金改定 排水量37㎥で― 二宮町 4315円→4830円に

経済

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena

 二宮町は7月1日から下水道料金を改定し、平均13・1%の値上げを行った。

 2012年度に平均20・4%増の改定を行って以来4年ぶり。町内における14年度の平均的な世帯排水量となる37㎥(検針1回あたり)では、改定前より515円高い4830円になる。町によると、同じ排水量での比較では県内市町村の中で4番目に高い金額という。

 下水道事業では、汚水処理費(下水管や処理場の維持費用、下水管などの整備に伴う借入金の返済費用)を使用料収入で賄っている。2014年度末の汚水処理費は約3億3070万円、下水道使用料は約2億3430万円で、処理費に対する使用料収入の割合を示す経費回収率は約70%だった。30%にあたる約9640万円は、一般会計の町税から補てんしていた。

 料金改定をめぐっては、町税の繰入による財政圧迫や使用者負担の観点、下水道施設の長寿命化に向けて工事費用の発生が見込まれることから、昨年9月に村田邦子町長から諮問を受けた下水道運営審議会が検討を行ってきた。

 審議会は、今年1月に料金改定はやむを得ないとした答申をまとめ、経費回収率を80%に引き上げることを目途にした値上げ案を示した。町は3月の町議会定例会で「二宮町公共下水道使用料条例の一部を改正する条例」を提案し、賛成多数で可決された。

 2カ月あたりの使用料単価は、基本料金(0㎥〜16㎥)が改定前の1560円から1764円に、1㎥ごとの従量料金は16㎥〜40㎥が同116円から129円、40㎥〜60㎥が同136円から153円などに値上がりした。町内の世帯平均排水量を踏まえ、40㎥までの使用料については値上げ幅を抑えたという。

 問い合わせは町下水道課【電話】0463・71・3311。
 

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

新島襄命日 各自で偲んで

新島襄命日 各自で偲んで 社会

終焉の地碑前祭 今年は中止

1月22日号

インフル報告数が激減

インフル報告数が激減 社会

コロナ感染予防が影響

1月22日号

まちかど事件簿

エコバッグ 大磯PRにも

エコバッグ 大磯PRにも 経済

 町観光協会が芸術家と製作 

1月22日号

スギ「並」・ヒノキ「少」

スギ「並」・ヒノキ「少」 社会

県の花粉飛散量予測

1月22日号

6党県代表が年頭所感

6党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の施策語る

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク