大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年9月9日号 エリアトップへ

記者の仕事を1日体験 消防署員の仕事に挑戦 二宮西中学生が職場体験

教育

掲載号:2016年9月9日号

  • LINE
  • hatena
三連はしごにのぼる生徒
三連はしごにのぼる生徒

 二宮西中学校2年の久保優貴君と田中篤君が8月31日、職場体験学習を行うためにタウンニュース大磯・二宮・中井編集室を訪問した。

 記事の書き方や紙面の編集業務について学んだ2人は、同日に二宮町消防本部で職場体験を行っていた同級生に取材を敢行。はしごの昇降を行う様子をカメラで撮影したり、生徒や消防職員、同校教諭からコメントを聞き出したりして、当社の記事作成ソフトを使い記事を完成させた。

 二宮西中学校2年生が、8月31日に二宮町消防本部で職場体験を行った。

 参加したのは、田中優太君、羽田絢省君、松崎一樹君、池田怜加君の4人。消防職員の手ほどきを受け、消防業務を体験した。

 4人は逃げ遅れた人の救助活動などに使う、三連はしごの昇降に挑戦。安全ベルトと命綱、ヘルメットを装着し、職員による大きな合図の声で体験現場に緊迫感が溢れる中、約8mの高さまで登った。第3警備隊隊長の秋澤孝治さんは、「両手と片足、3つの体の部分がはしごに触れるように」とアドバイスを送り、はしごをのぼる生徒を見守った。

 消防隊員の父を持つ松崎君は、将来消防士を目指しており、そのために「これから体を鍛えて、消防士になるためにがんばりたい」と笑顔で語っていた。秋澤さんは「学生には、町民の生命、安全を守る消防隊員の役割だけでなく、チームワークを大切に、組織として行動することの大切さを職場体験を通して学んでもらいたい」と話した。

 同校学年主任の諸星美佐江総括教諭は、「将来、生徒が生きることにプラスとなり、参考となることを願ってこの職場体験の機会を設けています」と話していた。

 この記事は、久保君と田中君が担当しました。

取材内容を記事にまとめる田中君(奥)と久保君
取材内容を記事にまとめる田中君(奥)と久保君

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

大磯史の魅力伝える

語り部 武井久江さん

大磯史の魅力伝える 文化

日本脳ドック学会総会で文化講演

7月1日号

玉ねぎ収穫に歓声

玉ねぎ収穫に歓声 教育

一色小児童が農業学習

7月1日号

12月末完成の予定

高波対策 2mのかさ上げ 西湘バイパスパーキングエリア

12月末完成の予定 社会

7月1日号

『僕耳』映画を上映

ハンドサイン

『僕耳』映画を上映 文化

7月10日 500人招待

7月1日号

木目と風景で創る調和美

木目と風景で創る調和美 文化

大磯町在住の浅田順子さん

7月1日号

まちかど事件簿

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook