大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年9月23日号 エリアトップへ

情報発信に町民参画 二宮町のプロモーション事業

政治

掲載号:2016年9月23日号

  • LINE
  • hatena

 二宮町は移住促進へ向けた今年度のシティプロモーション事業で、町民と町職員による「にのみや魅力発信隊」を発足し、委託業者の知恵を借りながら子育て世代に的を絞った情報発信を展開する考えを示した。町議会定例会の一般質問が14日にあり、露木佳代議員の質問に答えた。

 発信隊は、ボランティアの公募町民とシティプロモーションを担当する職員、職員有志などで構成する予定。行政の情報発信力を強化するため、職員研修も実施していく。また、移住促進用パンフレットを5千部作成。都内有楽町にあるふるさと回帰支援センターやファミリー層が多く集まる場所などへの設置を想定しているという。

 露木議員は「その部数で戦略的にパンフレットをまくことができるか。町内に全戸配布して(親世代が)娘や息子に見せるようにしては」と提案。移住者を呼び込むサービスについての問いに対し、村田邦子町長は同居・近居の補助金制度を設けていることを挙げたうえで、「特典を膨らませることだけが移住促進につながるものではない」と見解を述べた。

 当初の事業計画では国の地方創生加速化交付金約2千万円の活用を見込んでいたが、不採択。県補助金と町予算を合わせた約717万円で取り組むことになった。うち702万円は業者への委託料に充てられる。

公共施設再配置計画素案策定へ

 多くが築30年以上経過し、更新時期を迎えている公共施設の再配置と町有地の有効活用検討事業の進ちょくについて野地洋正議員が質問。町は、今年度中に基本方針と事業計画の素案をまとめていくことを表明した。

 今年度、現況調査を行う公共施設として町立体育館、温水プール、駅前町民会館、保健センター、武道館の5施設を選定。利用者数の多さや耐震化の未実施、更新には多額の建て替え費用がかかるといった点などが選定の理由になったという。

 耐震補強が喫緊の課題とされている町役場庁舎は、ほかの公共施設の再配置計画と切り離して検討する考えを改めて示した。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

今夏は入場制限付で営業

大磯ロングビーチ

今夏は入場制限付で営業 経済

混雑予想日は前売券発行

6月18日号

まちかど事件簿

まちかど事件簿 社会

大磯警察署・松田警察署

6月18日号

新会長に芦川博昭氏

新会長に芦川博昭氏 経済

大磯町商工会が新体制に

6月18日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

7・8月対象日が特別料金

6月18日号

親子ら田植えに汗

親子ら田植えに汗 経済

中井町で米づくり体験

6月18日号

1年目の模索続く

1年目の模索続く 社会

二宮落花生再生プロジェクト

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯のアオバト描く

大磯のアオバト描く

日本画家・前田さん個展

6月11日~7月5日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter