大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年9月23日号 エリアトップへ

手話の全国大会に神奈川県から唯一出場した 駒田 菜々香さん 二宮町富士見が丘在住 17歳

掲載号:2016年9月23日号

  • LINE
  • hatena

「言葉と心をつなぐ架け橋に」

 ○…誰よりも「届く」ことを願っていた。第33回全国高校生の手話によるスピーチコンテストに出場。全国の応募者64人の中から代表として登壇する10人に、神奈川県から唯一選出された。今大会のテーマは「心に響いた言葉」。約6分間のスピーチに、等身大の思いを込めた。「一生懸命勉強して修得したものが通じると、やっていてよかったと思う」とその魅力を語る。

 ○…小学5年生の時、知り合いに連れられて手話教室に参加したのが始まり。初めて自分のたどたどしい手話が伝わり、聴覚障害の人がにっこりと微笑んでくれたことに感動を覚えた。中学生活はバレーボール一筋だったが、家では手話の本で独学するなど「心のどこかで惹かれていた」。高校は、手話コミュニケーション部がある高浜高校に進学。部活動だけでなく二宮町の手話サークル「カナリアの会」にも参加し、こつこつと努力を重ねる。

 ○…「自分の実力を試したかった」と臨んだ大会。スピーチしたのは、中学時代に引っ込み思案な性格から、進学先や友人関係に悩んだ時に担任教諭から掛けられた言葉。「誰かをいいなと思うより、自分をいいなと思えたらすごくいい」。この言葉のおかげで、明るく社交的な性格になれたという。大会本番。壇上に登ると緊張で頭が真っ白になった。それでも心がけたのは「ひとりでも多くの人に届けたい」の思い。丁寧な手の動きと、喜怒哀楽を表情に込めスピーチを披露した。「手話は音が伝わらない分、表情で伝えなければならない。観てくれた人たちに、思いは届いたと思う」と入賞こそ逃したが満面の笑みを浮かべる。

 ○…将来の夢を、手話のできる介護福祉士と掲げるが「実は小学生の頃の夢は手話のできるディズニーキャストだった。なりたいものは変わるかもしれないけれど、『手話のできる―』は変わらない。人々の言葉と心をつなぐ架け橋になれたら嬉しい」とはにかんだ。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

黒澤 保さん

平塚理容組合の支部長を務める

黒澤 保さん

平塚市在住 55歳

6月11日号

山崎 貴裕さん

東京2020オリンピック聖火リレーのランナーを務める

山崎 貴裕さん

二宮町中里在住 25歳

6月4日号

久保 徹さん

平塚市・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町を所管する県平塚土木事務所の所長に就任した

久保 徹さん

平塚市出身 59歳

5月28日号

後藤 恵一さん

聖火リレーのランナーとして大磯区間を走る

後藤 恵一さん

大磯町国府新宿在住 62歳

5月21日号

竹村 洋治郎さん

4月1日付で湘南地域県政総合センターの所長に就任した

竹村 洋治郎さん

58歳

5月14日号

山口 政則さん

松田警察署長に就任した

山口 政則さん

松田町在住 58歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter