大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

新島襄の遺徳偲ぶ 終焉の地大磯で碑前祭

社会

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena
大磯町内にある終焉の地碑
大磯町内にある終焉の地碑

 同志社大学の設立に尽力し、福澤諭吉や中村正直らとともに明治六大教育家に数えられる新島襄(1843年〜90年)の遺徳を偲ぼうと、大磯町内にある終焉の地碑で碑前祭が行われる。新島の命日にあたる1月23日に、学校法人同志社が毎年開催している。

 新島は、同志社大学設立に向け奔走していたさなかに病に倒れ、明治22年の暮れから大磯海岸に近い百足屋(むかでや)旅館の別館・愛松園で療養生活を始めた。しかし病は回復せず、翌年の1月23日に46歳の若さで生涯を閉じた。最期を看取った糟糠の妻・八重に残した言葉は「狼狽するなかれ、グッドバイ、また会わん」だったという。

 終焉の地碑は昭和15年、門下生によって旧百足屋敷地内に建立され、愛弟子だったジャーナリストで歴史家の徳富蘇峰がしたためた碑文を刻んだ。学校法人同志社は、建学の礎を築いた新島の命日である1月23日に碑前祭を開いている。

 午後2時20分に黙とうを行い、同志社の大谷實総長が式辞を述べる。町の詩吟連盟による詩吟・和歌なども披露され、卒業生団体の代表者らで献花を行う。

 同志社校友会神奈川県支部の竹村慶三支部長は「碑の周りは、いつも町民の方々が清掃してくださっていると聞いている。新島先生が亡くなった大磯の地で、多くの方に功績を偲んでほしい」と話している。

 会場▽国道1号線「照ヶ先海岸入口」信号そば

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

大磯を地方創生モデルに

大磯を地方創生モデルに 経済

民間主導で新規事業検討

10月11日号

再生棚田に実りの秋

再生棚田に実りの秋 経済

二宮の有志 吾妻山麓に沢も復元

10月11日号

3選手に県大会メダル

3選手に県大会メダル スポーツ

二宮剣道部の吉田兄妹ら

10月4日号

歴史と文化を再発見

歴史と文化を再発見 社会

大磯でスタンプラリー

10月4日号

駅前整備に懸念の声

駅前整備に懸念の声 政治

大磯 町民説明会が紛糾

9月27日号

10月に加入義務化

自転車保険

10月に加入義務化 社会

1億円の高額賠償事例も

9月27日号

大磯の昆虫 3千種ズラリ

国府新宿在住渡辺康生さん

大磯の昆虫 3千種ズラリ 社会

図書館で40年超の成果披露

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「令和」生まれの中井育ち

「令和」生まれの中井育ち

稲実る田んぼアート見ごろ

11月9日~11月9日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク