大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

文化財 火災から守れ 大磯 楊谷寺で消防訓練

社会

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
本堂に向かって放水する消防署員
本堂に向かって放水する消防署員

 26日の文化財防火デーに合わせ、大磯町の楊谷寺で23日、文化財消防訓練が行われた。大磯町消防本部と消防団の第2、第11分団などから約30人が参加。火災の拡大防止に重要な初動態勢について、実践的な訓練を通して確認した。

 本堂からの出火を想定し、樋口亮全住職が119番通報。初期消火と同時に、寺の本尊で町指定有形文化財の木造薬師如来立像に見立てた箱を運び出した。指揮車やポンプ車が到着すると、境内に設置した対策本部の指示で本堂に向かって放水が行われた。

 訓練を見守った中崎久雄大磯町長は「歴史と伝統ある大磯を災害から守るため、町と消防、消防団が一致団結していかなくてはいけない」とあいさつ。奥野和夫消防団長は「実際の建物を使った火災訓練は、団員にとってもいい経験になった」と話した。樋口住職は「訓練とはいえ、とてもどきどきした。火災はあってはならないことで、防火意識を高めるきっかけにしたい」と表情を引き締めた。

 訓練は大磯幼稚園の年長児も見学し、身を乗り出すようにして放水作業に見入っていた。園児の1人は「本当の火事が起きたみたいでびっくりした」といい、火災予防に向けた心がけについて「大人がたばこのポイ捨てをしちゃだめだと思った」と答えた。

 町によると、昨年の火災件数は8件。うち建物火災が6件だった。例年10件程度で推移しているという。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

新島襄命日 各自で偲んで

新島襄命日 各自で偲んで 社会

終焉の地碑前祭 今年は中止

1月22日号

インフル報告数が激減

インフル報告数が激減 社会

コロナ感染予防が影響

1月22日号

まちかど事件簿

エコバッグ 大磯PRにも

エコバッグ 大磯PRにも 経済

 町観光協会が芸術家と製作 

1月22日号

スギ「並」・ヒノキ「少」

スギ「並」・ヒノキ「少」 社会

県の花粉飛散量予測

1月22日号

6党県代表が年頭所感

6党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の施策語る

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク