大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

新島襄を偲ぶ 大磯 終焉の地で碑前祭

文化

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
碑前に献花する中崎町長
碑前に献花する中崎町長

 明治の教育者・新島襄の命日にあたる1月23日、大磯町の新島襄終焉之地碑庭園で碑前祭が行われた。学校法人同志社が主催した。

 同志社大学の大谷實総長をはじめ卒業生と関係者、中崎久雄町長らが参列。碑前に黙とうや讃美歌、花を捧げ、新島の遺徳を偲んだ。

 中崎町長は「新島先生の崇高な信念は大磯町民に大きな力を与え、進むべき方向を示してくれる。その教えを町の教育に生かしていきたい」とあいさつした。

 町詩吟連盟の会員による詩吟と朗詠の披露もあり、ほころび始めた白梅の下で新島襄が詠んだ漢詩「寒梅詩」や和歌が流れた。

 同志社大学設立へ向け奔走していた新島襄は旅先で病に倒れ、明治22年12月28日から大磯の百足屋(むかでや)旅館の別館愛松園で療養生活に入った。翌年1月20日、危篤に陥り、同月23日に46歳11カ月の生涯を閉じた。

 新島の門下生らは昭和15年、旧百足屋敷地内に石碑を建立。碑文は愛弟子の徳富蘇峰がしたためた。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

新島襄命日 各自で偲んで

新島襄命日 各自で偲んで 社会

終焉の地碑前祭 今年は中止

1月22日号

インフル報告数が激減

インフル報告数が激減 社会

コロナ感染予防が影響

1月22日号

まちかど事件簿

エコバッグ 大磯PRにも

エコバッグ 大磯PRにも 経済

 町観光協会が芸術家と製作 

1月22日号

スギ「並」・ヒノキ「少」

スギ「並」・ヒノキ「少」 社会

県の花粉飛散量予測

1月22日号

6党県代表が年頭所感

6党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の施策語る

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク